• ホーム > ゴルフの基本 > こんな時どうすればいい?自分のボールが自分の持ち物に当たった場合の処置と罰則まとめ

thum ricco_sadami

thum ricco_sadami

こんな時どうすればいい?自分のボールが自分の持ち物に当たった場合の処置と罰則まとめ

ボールを打つ前に、ボールが自分の持ち物に当たった場合、ボールが動いてしまうということになります。自分の素振りしたクラブが当たってしまったり、ゴルフバックなどが当たってしまったりすることがあるからです。そのような時の対処の仕方を予習しておきましょう。

2016-11-30 05:25:47

ボールが自分の持ち物にあたってしまったら

thum matu.25

ゴルフは様々な道具を使うスポーツです。

コースに出て一打を打つためにもゴルフバックをその都度担いでその場所まで移動してクラブを選び打つ必要があります。

こうしたたくさんの道具を持ち歩くスポーツなだけに、時折トラブルがあります。

それは、自分の道具によってボールが当たり、ボールが動いてしまうという状況です。

打つ前にボールが動いてしまうと、故意ではないとはいえその後のゲームの進行にも影響を与えます。

そこで、ボールが自分の持ち物に当たった場合の対処方法を整理しておきましょう。

ボールが自分の持ち物にあたってしまった時のルール

thum n_annii

自分の持ち物にあたってしまいボールが動いてしまうという状況は注意しなければ頻繁に起こりかねません。

ボールのそばを移動するときにゴルフバックにあたってしまうということもありますし、ラインを読んだりしている際に誤ってスティックなどにあたりボールが動いてしまうということもあるでしょう。

基本的なルールとしては、自分の持ち物に触れてボールが動いてしまった場合、ボールはもとに位置に戻してプレーすることになります。

ただし、一打の罰則が科されます。自分の不注意でボールが動いてしまうわけですから、罰則があるのも仕方ありません。

しかし、もしも一緒にプレーしている仲間によってボールが動いてしまった場合や、強風などの自然環境によってボールが動いてしまった場合は、本人には過失がありませんので罰則なしでボールをもとの位置に戻して打ち直すことになります。

この点で、ボールが打つ前に動いてしまったとしてもその後の対処方法は変わってきますので注意しましょう。

素振りをしている時にボールが当たってしまったら

thum golfer_pine_field

ありがちな状況の一つとして、素振りをしている時にボールが当たってしまうということがあります。

この場合、一応クラブにボールが当たっているので、それで一打が終わってしまうと思うかもしれませんが、明確な打つ意志がない状態でクラブを振っている時にボールが当たっているので元の位置に戻しての打ち直しが許されます。ただし一打の罰則になります。

また、ティーショット前に素振りでボールが当たってしまう場合は、なんと無罰でティーアップしてやり直すことができます。理由としては、ティーショット前のボールはまだインプレーになっていないからです。

とはいえ、もし打つ意志のあるスイングの際の空振りによる風圧でボールが動いてしまった場合は、素振りの場合とは異なり1打とみなされ、その動いた位置から第二打としてプレーを始めなければなりません。

状況で変わる対処法を覚えておこう

thum ryochimi

このようにボールを打つ前にボールが動いた場合、その状況によって対処方法は様々です。

自分の持ち物がボールに触れたのか、ほかのプレーヤーのものなのかも重視されますし、クラブにあたる場合でもボールを飛ばす位置をもってスイングしたのか、単なる素振りなのかによってもその後の処置が変わってきます。

ボールが動いてしまったからといって、すぐに元の位置の戻してしまうと、場合によって誤所からのプレーとして2打罰になることがあります。

こうしたルールを十分に把握しているかどうかでスコアにもかなりの影響を与えますので、多少ややこしくて覚えるのが面倒と思ってもしっかり予習しておきましょう。

ルールを把握しておくことで、マナーよくゲームもスムーズも進行することができるようになるでしょう。

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る