• ホーム > ゴルフの基本 > トップやスライスの原因にもなる?ゴルフの「ヘッドアップ」ってなに?

thum keitamonma

thum keitamonma

トップやスライスの原因にもなる?ゴルフの「ヘッドアップ」ってなに?

ヘッドアップとは、スイングの途中で頭が上がってしまうことによりボールの軌道が不安定になってしまう原因とな現象です。ゴルフのルーティンや意識などがヘッドアップの原因となりますが、少しのコツで改善することも可能です。そのためのコツをご紹介します。

2016-12-02 06:22:45

ヘッドアップとは何か

thum yurikusu7519

ゴルフは再現性が重要なスポーツです。再現性を高めるために必要なのがゴルフのルーティンです。

とはいえ、改善すべきところがわからないまま繰り返して打ったとしても技術の向上は期待できませんし、間違ったゴルフのルーティンとしてしみついてしまうとなかなか改善が難しくなります。

原因が気付きにくい問題点の一つとしてヘッドアップという現象があります。

ヘッドアップとは何か、どんなデメリットがあるのか、どのように改善できるのかをご紹介いたします。

ヘッドアップしてしまうときの問題点

thum tt325smilesurf

ヘッドアップとは、スイングの途中で頭が上がってしまい、体重移動が途中で止まり、前傾姿勢が崩れてしまうということです。

アドレス時のスイングの起動が崩れてしまいますので、インパクト時のクラブヘッドの角度や位置も変わってしまいスライスやトップの原因ともなりかねません。

ではこのヘッドアップをどのように改善することができるでしょうか。

ルーティンでヘッドアップを予防しよう

thum a_nnie10

ヘッドアップの原因として大きなものは、ボールの飛んでいく方向を見たいという意識です。

この意識が強いとインパクトの瞬間からボールの飛んでいく方向を見るために顔が動いてしまいます。こうなると結局、クラブを振り切ることができず中途半端なスイングになってしまうだけでなく、スイング軌道も不安定になるためボールコントロールがきかなくなってしまうのです。

そこで、改善するために心がけることは、ボールの飛んでいく結果を気にしないということです。

ボールを打つのに、飛んでいく方向を気にしないというのは実際にはとても難しいことですので、アドレス時に意識すべきことがあります。それは、ボールを直視しないということです。これをぜひゴルフのルーティンに組み入れていきましょう。

ボールを直視せず、少し右上あたりを見るようにします。もし、ボールを直視してしまうと、いくらヘッドアップしないようにボールを追わないと決意していても、どうしても目がボールを追ってしまうのです。

そんな意識もむなしくヘッドアップを繰り返してしまうようなら、いっそ目をつぶってしまいましょう。本番で目をつぶって打つのはさすがに怖いと思われる方は、少なくても練習では取り入れていきましょう。

ボールを飛ばすことに、ボールの行方を追うことは関係ないということを体が実感することが必要です。

ヘッドアップの改善法

thum shin.stagram408

また、スイングの際には頭を意識するのではなく、腰やお尻の位置が安定するように心がけましょう。

ヘッドアップという言葉から頭だけが上がってしまうという状況をイメージしがちですが、頭が上がるということはその前に腰やお尻も不安定になっているといえます。

腰やお尻を安定させてしっかりと軸回転することを意識するなら、自然とヘッドアップも減らすことができるでしょう。

また、スイングをしている時に、唇を右肩に着けるように意識することでボールの方向とは真逆に目線をそらすことができます。

飛ばす方向を見ないというのは不安になるものですが、そうすることによって思い通りのショットを生み出せる確率が高くなります。

ゴルフに大切な軸回転と体重移動をスイングが終わるまでしっかりとやり遂げるにはどうしたいいか、自分のスイングを見直すことでこうした問題点に気づくことができますし、弱点がわかって初めてさらなる技術の向上を目指すことができるのです。

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る