• ホーム > ゴルフの基本 > ゴルフの教科書「モダン・ゴルフ」を著したベン・ホーガンってどんな人?

thum s_y_o_n

thum s_y_o_n

ゴルフの教科書「モダン・ゴルフ」を著したベン・ホーガンってどんな人?

皆さんは米国で伝説的なプロゴルファーとして語られることも多いベン・ホーガンという人物をご存じでしょうか?今回は名著「モダン・ゴルフ」の作者であり、現代ゴルフ理論の「祖」ともいわれる彼の魅力をご紹介します。

2016-11-28 03:59:44

伝説のゴルファー、ベン・ホーガンとは

thum aym_aymin

ベン・ホーガンはアメリカ合衆国ダブリン出身のプロゴルファーです。彼は1931年にアメリカでプロゴルファーとしてデビューしました。そして、最強のゴルファー、史上最高の選手など、数々の称号とともにその活躍が語り告げられるゴルファーとして君臨したのです。

ゴルファーとしても非常に優秀であることに加えて、実は彼の偉大なところは、現代のゴルフの教科書ともいうべき、「モダン・ゴルフ」を著したのにはじめ、ゴルフをあらゆる方向性からゴルフ理論を解説し、更なる研究を進めていったことにもあるのです。とはいえ、特に若い方にとっては聞きなれない名前かもしれません。

ベン・ホーガンってどんな人?と思われている方に少し詳しく彼についてご紹介します。

ベン・ホーガンのゴルフ理論

thum tomocorin

ベン・ホーガンの時折「私のスイングには秘密がある」と周囲に漏らしていました。誰に聞かれてもその「秘密」は「秘密」にしたまま、彼は現役生活を過ごします。

その「秘密」によってベン・ホーガンは晩年になってもなお、切れ味を増していくショットで周囲を驚かせました。ほかのプロゴルファーたちにとってもその「秘密」は非常に興味をそそるものであり、ベン・ホーガンの語る技術論、また実際に彼が見せるプレーは注目の的だったのです。

それだけ周囲に興味を抱かせた彼のゴルフ理論はあるスポーツ紙に5回にわたって連載されます。実はその5回の連載によってモーガンの技術論がまとめられることになり、後に「モダン・ゴルフ」という本として刊行されます。

この「モダン・ゴルフ」は現代にいたるまでゴルフの基礎的な技術論を語る上で非常に優れた本として親しまれており、現代ゴルフの礎を作った名著とされています。

現代ゴルフの基礎

thum funamiomio

「モダン・ゴルフ」にはベン・ホーガンが長年研究に研究を重ねたゴルフ理論がまとめられています。

その内容が気になるところですが、メインとなる内容としては、「バックスイングした後、腰からダウンスイングを始めることによってパワーを生む」という理論の提起です。

また、ゴルフはベストショットを何度も再現させることを求められるリピートする力が必要なスポーツのため、その再現性を高めるための練習法なども公開されています。

今ではゴルフのセオリーともなっている「ダウンスイングは柔らかく、フォローは力強く」という理論はこのベン・ホーガンの著書によって確立されていったのです。

ゴルファーに大切なもの

thum puriko82

ベン・ホーガンの一生はまさにゴルフとともに生きた人生といえます。

自分自身高いレベルにまで到達した後も、あくなき探求心と追求心でゴルフを極めるために命を費やしました。完璧主義者であった彼らしく、鍛錬に鍛錬を重ねて自身のスイングを理想に近づけ、最高のショットを再現し続けるために何が必要かを突き詰めていった人なのです。

もちろん、彼が生きていた時代よりも理解が深まったスポーツ理論、またゴルフの道具などの変化があり、「モダン・ゴルフ」の内容には現代ではそぐわない点も散見されますが、彼がたどり着いたゴルフの本質をえぐるかのような切り口は現代のゴルファーにとっても大いに役に立つことでしょう。

理論だけではゴルフは上達しませんが、理論がなければ納得のいくショットを安定して打ち続けることも、本当に効果的な練習方法も見つかりません。ゴルフを極めたいと思っている方はぜひベン・ホーガンの「モダン・ゴルフ」を読んでみましょう。

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る