• ホーム > ゴルフの基本 > 日本の多くのゴルフコースを名設計家、佐々木忠とは?どんなコースを手掛けている?

thum kuribowzu

thum kuribowzu

日本の多くのゴルフコースを名設計家、佐々木忠とは?どんなコースを手掛けている?

日本ゴルフコース設計者協会をチェックするとコース設計家佐々木忠の名前があります。佐々木さんはコース設計者の中でも特殊な方で、アパレルブランドのJUNの創業者として活躍した人物です。趣味が高じてゴルフコースを設計しましたが、他には無い魅力的なコースで人気があります。

2016-12-24 03:41:16

佐々木忠とは?

thum toshi_anan

ゴルフには様々な歴史があります。ゴルフのルールを作った人だったり、新しい技術でアイアンを誕生させたりと様々な方がゴルフには関わっています。

ゴルフの歴史の中にゴルフコース設計の歴史があります。世界的に有名なゴルフコース設計家だったり、井上誠一さんや上田治さんのような日本の第一人者のゴルフコース設計者などもいます。

日本ゴルフコース設計者協会という団体があり、ゴルフコースの設計に関する団体です。協会のウェブサイトには、どのコースを誰が設計したのかチェックできるリストがありますが、その中に佐々木忠さんの名前があります。

コース設計家佐々木忠さんは、栃木県にあるジュンクラシックカントリークラブとロペ倶楽部のゴルフコースの設計に関わっています。

アパレル関連に詳しい方ならピンとくるかもしれませんが、どちらもアパレルブランドで有名なJUNが運営しているゴルフ倶楽部です。佐々木忠さんはJUNの創業者でゴルフ好きが高じてゴルフコースの運営と設計に携わっています。

アパレル経営者の佐々木忠

thum yymjasmine

佐々木忠さんには2つの顔があります。

ゴルフコース設計者としての顔とアパレルブランドの社長の顔です。どちらかと言うとアパレルブランドの社長が本業で、ゴルフコースの運営は新しいチャレンジとしてスタートしています。

JUNブランドはメンズ向けのアパレルメーカーとして日本を代表するブランドです。男性向けアパレルメーカーとしてはパイオニア的な存在で、JUNが提案した男性向けの赤色の服は当時斬新で一気に有名なブランドになりました。あわせて女性向けブランド「ロペ」を誕生させて人気のブランドになっています。

もともとは趣味で始めていたゴルフでしたが趣味が高じてジュンクラシックカントリークラブとロペ倶楽部の運営をスタートさせます。道楽であれば直ぐに終わってしまいそうなゴルフ倶楽部の運営ですが、女性が行ってみたいゴルフコースのランキングでも上位に入るほどの人気のコースになっています。コース設計には佐々木忠さんの他に監修でジーン・サラゼンさんも関わっています。

ジーン・サラゼン・ジュンクラシックとは?

thum loco_natsu

佐々木忠さんが設計したコースにはジーン・サラゼンさんが監修として関わっており、2人はゴルフを通じての親交がありました。

2人の親交ぶりがもっとも分かりやすいのが運営していたゴルフコースで行われていたジーン・サラゼン・ジュンクラシックです。主催は株式会社ジュンで、1982年にはツアー競技として昇格し、サラゼンさんが亡くなるまで23回もトーナメントが開催されていました。

ジーン・サラゼンしはアメリカのゴルフシーンを語る上で大切な存在です。

全米オープン、全米プロ、全英オープン、マスターズと全ての大会を優勝する生涯グランドスラムを初めて達成した人物で、サンドウィッチを普及させた人物として有名です。佐々木さんは偉大な人物とも親交があり、ゴルフに対しての情熱もあったので設計者としても関わってきた経緯があります。

ジュンクラシックCCとロペ倶楽部

thum yu_umint

佐々木忠さんが設計した2つのゴルフコースは人気のあるゴルフコースです。

ジュンクラシックCCは1975年に開場し、ロペ倶楽部は1990年に開場しました。ロペ倶楽部の魅力はコースの楽しさもありますがホスピタリティが充実しています。夜遅くまで開いている場内の居酒屋があったり、天然の温泉施設があるのも魅力です。ホテルへの宿泊をセットで楽しむことができます。

JUNブランドの中でロペは女性向けアパレルなのでコース自体も女性向けな雰囲気があります。逆にジュンクラシックCCは男性向けのブランドなので、合わせるようにコース設計も男性っぽいタフな設計になっています。ホテルの宿泊をセットで、2つのコースを体験してみるのも面白いです。

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る