• ホーム > ゴルフの基本 > 日本のコース設計にも偉大な功績を残した!C・H・アリソンってどんな人?

thum alohalove2

thum alohalove2

日本のコース設計にも偉大な功績を残した!C・H・アリソンってどんな人?

C・H・アリソンは日本で初めてのゴルフコースの設計図を作った人物です。実際に作成された設計図は文字も線も全てが美しいです。2015年に行方不明になっていた設計図が発見され注目が集まっています。現在でもアリソンが設計したゴルフ場でプレーする事も可能です。

2016-11-02 02:40:14

C・H・アリソンとは?

thum mayucocon

チャールズ・H・アリソン(C・H・アリソン)はイギリス出身のゴルフコースの設計者です。もともとはオックスフォード大学で造園学を勉強していましたが、その後はゴルフ設計者として活躍しました。イギリス出身のゴルフ設計者ですが、日本のゴルフコースの歴史を語る上で外すことができない存在です。

日本のゴルフの歴史をさかのぼると1901年にイギリス人のアーサー・H・グルームが神戸に日本で初めてのゴルフ場を作ったのが始まりです。その後、日本でゴルフ人気が高まり、日本中にゴルフ場が誕生しました。アーサー・H・グルームが作ったゴルフ場は試行錯誤をしながら完成したゴルフ場で、設計図は存在しないゴルフ場です。

日本で作られたゴルフ場は、しばらくは設計図が無い状態でゴルフ場が作られました。C・H・アリソンは、日本で初めてゴルフ場の設計図を作った人として有名です。

アリソンの逸話

thum kazoonya

アリソンの設計したゴルフ場で有名なのが埼玉県朝霞に作られたゴルフコースです。

現在は存在しませんがアリソンによって日本で初めて設計図によって作られたゴルフコースになります。アリソンに依頼した経緯は、日本に国際的に通用するゴルフコースを作ろうと活動が始まり、当初は世界的にも有名だったイギリス人のハリー・S・コルトに依頼をしていました。しかしコルトからは高齢を理由にコース設計を断られてしまい、コルトの弟子だったアリソンが設計する流れになりました。

アリソンは1930年(昭和5年)に来日し、帝国ホテルに10日間こもって設計図を完成させて逸話があります。アリソンは朝霞C以外にも、藤沢CC、川奈ホテル富士Cなどを設計し、さらに霞ヶ関CC、鳴尾GCの改造にも関わっており、滞在期間2ヶ月間で、これらのゴルフコースの設計をすべて行ったことも逸話になっています。角度が深いバンカーは「アリソンバンカー」と呼ばれ、国内で有名になりました。

行方不明の設計図を発見!

thum shuymmt

アリソンの名前が再び注目を集めるようになったのは、2015年に行方不明になっていた日本で初めての朝霞Cのコース設計図が発見されました。もともと1番と2番の設計図は残っていたのですが、3番から18番は行方不明になっていました。

きっかけは、朝霞市立博物館で「東京GC朝霞コースの歴史展示会」を開催する事が決まり、改めて物置小屋を調べてみたら行方不明と思われていた18番までの全ての設計図が発見されました。現在は展示会も終了し、廣野にあるJGAゴルフミュージアムで見ることができます。

ゴルフ関係者にとっても歴史的な資料としても貴重な設計図であり、ゴルフ初心者でも一度は見てみたい設計図です。JGAゴルフミュージアムは一般の方でも入ることができますが事前に予約が必要になります。兵庫県の廣野ゴルフクラブにJGAゴルフミュージアムに併設されており、関東近辺の方にはちょっとアクセスは悪いです。

アリソンのゴルフコースでプレー!

thum dai_su_ke9140

C・H・アリソンが設計したゴルフコースは現在でもプレーする事ができます。

埼玉県川越市にある霞ヶ関カンツリー倶楽部は、アリソンが改造工事に関わったゴルフコースの一つです。アリソンバンカーは現在の東10番ホールに残っており、今でもプレーを楽しむことができます。周囲に霞ヶ関カンツリー倶楽部の会員の方がいらっしゃったら一度はプレーしてみたいゴルフ場です。

静岡県にある川奈ホテルゴルフコースもアリソンが設計したコースを現在でも楽しむことができます。川奈ホテルゴルフコースは会員でなくてもインターネットから簡単に予約する事ができます。ホテルの宿泊とセットになったプランもあり、アリソンの設計したゴルフコースを手軽に楽しめる場所になっています。

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る