• ホーム > ゴルフの基本 > 【100人に聞いてみました!】ドライバーを打つ際に心がけていることはなんですか?

thum ojou.tina

thum ojou.tina

【100人に聞いてみました!】ドライバーを打つ際に心がけていることはなんですか?

皆さんは、ティショットでドライバーを打つ時、どんなことを意識していますか?ゴルフはボールをより遠くに飛ばそうとすると、つい力が入ってしまうものですよね。特に「あさイチ」のショットは特に緊張しますし、ダフリやトップのミスを犯してしまい、「大恥をかいた」なんて経験があるといった 方も多いのではないでは?そこで、今回のアンケートでは、ドライバーを使用する際に、巷のゴルファーはどんなことに気を付けているのか?100人のゴルファーにインタビューしてみることにしました。様々なご意見を伺っておりますので、ドライバーを握る際は、是非、参考にしてみて下さい。

2016-08-08 02:14:01

アンケートの質問内容と回答結果について

thum

≪質問内容≫

ドライバーを打つ際に心がけていることはなんですか?
また、克服法や日頃から気を付けている事などありましたら、教えて下さい。

≪回答結果≫

フルスイングしすぎない:35
打つ方向性:34
グリップ:11
ティーの高さ:11
その他:9

■調査地域:全国
■調査方法:インターネット調査
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2016年03月11日~2016年03月25日
■有効回答数:100サンプル(年齢や性別に偏りがないよう、無作為抽出)

【結果の考察1】フルスイングはNG?力を入れずに、確実なスイングで飛ばす!

thum nananatsuho

アンケートの結果によると、約3割以上の人が「フルスイングしすぎない」方がドライバーショットは好結果につながると考えていることが明らかとなりました。以下は、アンケートに答えてくれた方々からいただいたコメントの一部です。


・フルスイングして変な方向に飛ばしてしまうよりかは、距離が多少短くてもしっかりと狙った方向に堅実に打ったほうがスコアがまとまる。(20代/男性/学生)

・大きく飛ばしたくてフルスイングしたくなるけど、そこは方向を見極めて綺麗なフォームを意識するほうがドライバーを打つときには大事だと思う。(40代/女性/専業主婦)

・飛ばそうと思って力むと曲がってしまう。体の軸を意識して力まないように心がけている。(30代/男性/自営業(個人事業主))

ゴルフというスポーツはボールを遠くまで飛ばせれば、飛ばせるほど大きなアドバンテージを手に入れることができるスポーツです。ただ、それはOBやトップ、ダフリなどのミスなく、毎回遠くに飛ばせるという前提の上に成り立つロジックであり、そもそも毎回、右に左にボールが飛び散り、時たまトップもある・・・。そんな、状況ではとても余裕のあるプレーはできませんし、スコアもなかなかまとまらないですよね。

そうやって考えてみると、フルスイングはとてもリスクの高いクラブの振り方ですし、ミスを犯すくらいなら飛距離は無視してでも、コンパクトなスイングで方向性を重視した方が、良い時もあるようにも思えます。さらにコンパクトなミスを身に付けるためには、軸を意識した綺麗なフォームを身に付けた方が良い、そういう事なのでしょう。

【結果の考察2】方向性は重要!グリップやティーの高さも大きく関係する?

thum jay_squizzle

「フルスイング」の次に多くの票を集めたのは、ドライバーショットを打つ際は必ず、「打つ方向性」を重視するという意見でした。その他、グリップやティーの高さを意識するという意見にも11票ずつ集まるという回答結果でした。以下はアンケートに答えて下さった方々からのコメントの一部です。いくつかご紹介します。

・とんでもない方向に打ってしまったら、後々のリカバリが大変なので。(40代/男性/会社員)

・球が飛ぶ方向さえ間違えなければ少しづつだけどグリーンに近づくので(40代/男性/無職)

・握りが甘いと、スイングしている最中にズレてしまうため、思っていたところには打てないから(30代/男性/無職)

・ティーの高さでよく空振りをしてしまったり、距離が延びなかったりすることがあるので感覚をつかんで高さの調節に心がけている。(30代/女性/専業主婦)

ドライバーだけでなく、アイアンにも同じことが言えますが、ゴルフで最も大切なのは「アドレス」です。スイングが原因で起こるミスは多少、あきらめもつきますが、そもそも打つ方向を間違えるミスは、せっかくのナイスショットも台無しになってしまいかねず、とても残念な気分を味わうことになります。

一方、グリップの握り方やティーの高さを調節するといった意見は、誰でも同じ基準で調整することができるという類いのものではありません。人によって好みが別れやすいポイントですし、自分に合った最適な握り方や高さといった「感覚」でしか身に付けることができない技術です。ただ、自分に合った、高さや握り方は必ずあるはずですので、コースをラウンドする際は、いろいろな高さや握り方を試してみるのも良いでしょう。

【まとめ】上手に打つためにはコンパクトなスイングが基本!

thum drsgwalen

今回のアンケートでは、「ドライバーを打つ際に心がけていること」がテーマでしたが、皆さんはそれぞれ、どんなことをお感じになられましたでしょうか?

ドライバーショットは、フルスイングせず、コンパクトに振る事で重大なミスを防ぐことができるようです。ドライバーは、他のクラブに比べ、ボールをより遠くまで飛ばせますが、同時に曲がり幅も大きくなるクラブです。したがって、方向性を間違えないことは重要ですし、グリップの握り方やティーの高さも大事なポイントの一つという事なのでしょう。

特に最近は、大型ヘッドドライバーが主流です。大型ヘッドドライバーはヘッドスピードよりも「ミート率」がとても重視です。そういった意味では、今回のアンケート結果は特にミート率向上に関する意見が多かったですし、ミート率向上を重視するゴルファーが増えてきている、それが目に見える数字として結果として表れた。そんな、アンケート結果となりました。

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

レッド

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る