thum golfhotties

thum golfhotties

意外と難しい?グラスバンカーの攻略方法まとめ

何かと手を焼くトラブルショットの1つに、グラスバンカーからのリカバリーショットがあリます。ゴルフは様々なハザードからのショットを楽しむスポーツであるが反面、あまりにも難しい状況には、少したじろいでしまうといった方も多いのでは?。今回は様々ハザードの中でも夏は特に脱出が難しいと言われる、グラスバンカーの攻略方法についてまとめてみました。

2017-02-20 00:00:00

グラスバンカーと通常のバンカーの違い

thum golfhotties

ゴルフの障害物としては池など色々なものがあります。その中でも特にプレーヤーの心理状態を脅かすのが「グラスバンカー」です。砂のバンカーに苦手意識がある人にとっては、砂が入っていないだけでも「安心」という事で、一見すると、クラスバンカーの脱出はそこまで難しくない、簡単だと思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、実際には深くえぐるように地面を掘りこんで作られているため、リカバリーショットは、ボールを高く上げる高いアプローチ技術が要求されます。また、夏場など伸びきったラフの中にボールがすっぽり埋まってしまうと、一発でボールをピンの近くに寄せるのは難しくなってしまうのがグラスバンカーというハザードです。ただ、砂のバンカーと同様、攻略の方法が全くない、そういう訳では決してありません。グラスバンカーには、グラスバンカーなりの適切な打ち方がありますので、次章以降はそれをじっくり解説していきます。

グラスバンカーの攻略方法とは?

thum golfpracticeguides

まず、グラスバンカーを攻略するためのクラブとして何を選択すべきかという、課題に対して、皆さんはどんなクラブを選択すべきだとお考えになるでしょうか?コースによっては距離のあるグラスバンカーやフェアウェイ上にグラスバンカーが設置されている場合もあるため、毎回決まったクラブで打っている訳ではないとの結論に達した方は、かなりの上級者かもしれません。一方、SWやAWで毎回、ショットしているという方は、一見正しい選択のようにも思えますが、実は、間違っている可能性が高いです。

グラスバンカーを攻略するために、まず最初に取り掛からなければならない作業は、ライの確認です。これは、ボールがどのような状態でグラスバンカーにはまっているかをよく見極めなければ、次のショットをどのように攻めていくべきかの正確な判断を下すことができないからです。ボールが深くはまっていないのであればショートアイアンで脱出できるかもしれませんが、深く沈んでいるのであればピッチングウェッジなどをチョイスしたほうが良いかもしれません。

大切なのは欲張らないこと。これが基本です。まずは、あまりにもライの状況が悪く、出すだけで精一杯という状況なのであれば、正確にボールを脱出させることが先決です。こただし一度、仮のアドレスでボールの前に構えた時に、少しでもピンを狙えるチャンスがあると判断できる場合は、果敢にチャレンジした方が良い場合もあります。

グラスバンカーでのスイング

thum tseleevo_club

さて、クラブを選んだら今度は実際に脱出しなければなりません。

グラスバンカーの攻略方法で最も重要なことは、低く長いフォローをしっかりとるスイングを徹底する、これが第一です。特にラフの丈が長い夏場のグラスバンカーは、直接ボールにヒットするという打ち方で打出するという方法もありますが、確実にある程度高さのあるボールで飛ばしていきたいのであれば、ヘッドをボールの1、2個手前に落とし、少しダフリ気味に打っていくとボールに上手く打っていくことができます。

グラスバンカーからボールを打つ場合は、インパクト時にクラブがラフの抵抗に負けないよう、フェースはなるべく閉じた状態でアドレスしましょう。また、ラフの上からはどうしても下半身がショット中に滑ってしまうこともあるので、腰を落とし、足元をしっかり固めた状態でスイングする事が大切です。

スイング分析を怠らずに!

thum golfhotties

グラスバンカーなど、状況に合わせて最適なショットを打てるスイングを身に付けるためには、スマホ用のスイング分析アプリやスコアアプリの活用が便利です。

スイング分析アプリは、グラスバンカーからのショットなど、自分自身のスイングを分析する際にも、使用できますが、国内外のトッププロのスイングを閲覧したり、上級者のスイングを撮影することで、自分のスイングとの比較研究などに使用することもできます。

スイングの動画分析はスローモーションで自分や他人のスイングを見れるだけでなく、またその画面上に線や丸を書き込む機能も利用できます。お手持ちのスマートフォンにまだスイングアプリが入っていないという方は、一度試してみることを強くオススメします。

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「リカバリーが大事!ゴルフにおけるバンカー対処法とは」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1025/

2.「初心者必見!フェアウェイバンカーでの打ち方」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1085/

3.「初心者必見!フェアウェイバンカーからのクラブの選び方」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1108/

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る