thum viviansviviansviv

thum viviansviviansviv

2つもあるのは日本だけ?ゴルフの「2グリーン」ってなに?

日本とアメリカではゴルフに関する常識やルールも色々と違ってきます。中でも大きな違いはゴルフ場のグリーンに関する違いかもしれません。ゴルフの2グリーンってなにかを理解すると日米のおもしろい違いがわかります。

2017-02-20 00:00:00

国によっての常識の違い

thum swingjuice

同じスポーツでも国によって雰囲気からルール、常識まで様々違うものですね。

プロであれば海外リーグに行くとまるで別のスポーツかのように感じる方も多いようです。ゴルフも国によって細かなルールから常識まで違いがあります。米国と英国のゴルフ協会がそれぞれ世界に強い影響力があり、ゴルフ界をリードしていますが、日本も今やゴルフ文化の中で大きな役割を占める立場となってきています。

日本にも独特の習慣や特徴が出てきています。その一つがグリーンに関するアメリカとの違いです。

今回の記事ではゴルフの2グリーンってなにかに焦点を当てます。

実は日本のゴルフ場には一つのホールで二つのグリーンが存在するゴルフ場が結構あるのです。これはアメリカでは見られない状況で日本独特のものとなっています。

日本とアメリカでどうしてこのような大きな違いが生じるようになったのでしょうか?

そこには日本独特の条例や気候条件が背景にあるようです。

ゴルフの2グリーンってなに?

thum lacdgolf

そもそも日本で2グリーンが広がったのには農薬の使用に関する日本の厳しい条例が理由だったそうです。

水質汚染を防ぐためにも農薬の使用量を制限しなくてはならなくて、そのために2グリーンにしていたようです。二つのグリーンがあることによって一方を使用している時には片方を休ませられるので、芝の管理上の負担も少なくて農薬の使用量も少なくて済むということのようです。

さらに日本の気候も2グリーンの理由の一つとなっています。日本は四季があり夏季と冬季の気候の差が激しい国です。最近は特に気候の変化が激しくなってきています。

それが理由で一つのグリーンでは芝の管理や整備が難しく、グリーンを二つにしているというゴルフ場もあるようです。その証拠に比較的一年を通して涼しい北海道では1グリーンのゴルフ場が多いようです。

このように日本の条例や気候条件に合わせて2グリーンというアメリカにはない習慣が日本のゴルフ界で見られるようになってきたというわけです。

ベントグリーンと高麗グリーン

thum shine_and_drive

この二つのグリーンというのはまったく同じグリーンを二つ並べているわけではなく、基本的には一つは高麗グリーン、もう一つはベントグリーンのところが一般的です。

しかし日本ではベントグリーンを好むゴルファーが多く、高麗グリーンをわざわざベントグリーンに張り替えるゴルフ場も多いのだそうです。

ちなみにベントグリーンは高麗グリーンよりも維持費が三倍近く高いと言われています。そうした情報も知った上で今度は高麗グリーン、ベントグリーンそれぞれを楽しんでみるのはいかがでしょうか。

日本ゴルフ界を盛り上げる

thum h_samfick

今でもゴルフ人口の比率としては圧倒的にアメリカが多いわけですが、日本人ゴルフプレーヤー、それもかなり若手が世界を賑わすようになってきていますので、日本ゴルフ界の世界での立ち位置、さらに国内でのゴルフ人気もとても高まっています。

これからも素晴らしいゴルファーが続々と出てくることが期待されています。それに伴いアマチュアゴルファーの年齢層も拡大していきます。おじさんのスポーツではなく、若い人、女性も楽しめるスポーツとしてどんどんと社会的な人気も高まってきていますので、興味のある人はぜひコースに出てみてください。

ゴルフレッスンを最初にしっかり受けてみるのも良い方法です。最近では動画でゴルフのスイングの勉強などもできますし、中古のゴルフショップなどもよく見かけるようになりました。ゴルフを始めるにはとても良い環境が揃っている時代だと言えるでしょう。

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る