thum munetoshi0630

thum munetoshi0630

上級者必見!目玉のバンカーから確実に脱出する打ち方とは?

通常のバンカーであれば打てる人でも、目玉のバンカーは苦手としている人も多いと思います。これは打ち方が異なるためであり、通常のバンカーの打ち方で目玉からボールを出すのは難しいです。ここでは目玉のバンカーでの打ち方を紹介します。

2017-02-20 00:00:00

通常のバンカーショットとの違い

thum yuki2040

普通のバンカーであれば打てることができるのに、目玉からのバンカーとなると打つことができないという方は多いのではないでしょうか。

通常、良く知られているバンカーショットの構え方はフェースを開き、オープンスタンス、足幅は広めに取るといった構え方です。また、打ち方に関しても、腰を落として重心を下げ、ボールの位置はやや左足寄りに置く打ち方が一般的です。

もちろん、通常のバンカーであれば、このような打ち方、構え方で十分、対応できるのですが、目玉のバンカーではこのような方法で脱出することは難しいでしょう。バンカーショットは砂を飛ばした方向へとボールが飛んでいくという特徴があります。したがって、目玉の状態でないバンカーショットであれば、フェースを開き、クラブのバウンスを砂にぶつけて、その爆発力でバンカーから出すことができます。

しかし、目玉の状態はボールが埋まっているため、フェースを開くとボールの真下にヘッドを入れることができないため、バンカーから出すことが極端に難しくなってしまいます。では、具体的にどうやってボールの脱出を図ればいいのでしょうか?

目玉のバンカーでの正しい打ち方

thum h.kanokano

目玉のバンカーでは、通常のバンカーとは異なる打ち方を身に付ける必要があります。ここでは、その具体的な打ち方の方法をご紹介します。

通常のバンカーでは、クラブのフェースを開いてバウンスを砂に当てることで砂を掻きだしバンカーからボールを脱出させます。しかし、目玉のバンカーショットでは、フェースは開かずに打つのがセオリーです。また、ボールの位置はなるべく右寄りセッティングしましょう。ボールは右寄りに置いたほうがクラブを鋭角に入れやすく、目玉の状況でもボールの下まで、クラブを入れやすくなります。

ゴルフスイングはクラブを振り抜くことが重要だといわれることもありますが、目玉のバンカーショットに関してはその法則は当てはまりません。なぜなら、目玉のバンカーショットは砂の抵抗が強過ぎますし、クラブを最後まで振り抜くのが難しいからです。抵抗があっても「振りぬける範囲でクラブを振る」これが、目玉のバンカーの基本です。また、目玉のバンカーショットにチャレンジする時は、なるべくクラブは鋭角に入れる意識を持ちましょう。ボールの周りの砂をざっくり掻きだすイメージで打つことができれば、うまく脱出することができるでしょう。

もう一つの方法

thum masaaa0713

実は、目玉のバンカーショットには、もう一つ、先ほどとは異なる打ち方があります。この打ち方はどちらかというと、上級者の方に向いています。

先ほど紹介した打ち方はボールをバンカーから脱出させることが主な目的の打ち方であるため、ボールをあまり遠くへ飛ばすことができません。また、打ち出したボールがとにかく転がるといった特徴があります。


そこで、ボールを高く上げたい上級者は、次に紹介する方法を用いることでボールを高く上げることが可能となります。具体的には、先ほどの打ち方とは逆に、フェースを開いて打つ目玉のバンカー攻略法です。

フェースを開いた打ち方はクラブがボールの下に入りにくくなるため、ボールの位置とクラブヘッドを入れる角度が特に重要となります。また、通常のバンカーショットであれば、ボールの位置はやや左ぐらいで丁度良いですが、目玉の状況でかつ、フェースを開いて打つ場合のボールの位置はスタンスの真ん中、もしくは右側がベストです。ただ、この時、体の向きやスタイスの位置などは通常通りで構えます。

フェースを開いて目玉のボールを打つ際は、ダウンスイングでいつもより、鋭角にヘッドを入れていく必要があります。さらに、ボールの下にクラブヘッドを入れるには、構えた時のボール位置の5cm手前ぐらいにクラブヘッドを落としていけるかがこのショットを成功させる重要なポイントとなります。

また、この打ち方ではフォロースルーはほとんど取りません。これはフェースが開いていることにより、高く上げることができる一方、砂の抵抗がどうしても通常よりも強くなるため、ある程度の砂を打ち抜くパワーを使うとあまり大きいフォロースルーは取れなくなるからです。

苦手意識を克服しましょう

thum binbin4599

通常のバンカーショットであれば、飛距離などでリカバリーすることが可能ですが、目玉のバンカーでは自分が思ったような場所に打つというのはなかなか難しいでしょう。

目玉のバンカーは特殊な状況であるともいえなくはないため、初めのうちは、「1打で出す」ことを目標に練習してみましょう。フェースを開いて打つ打ち方は、ピンにより近づけるためには、是非ともマスターしてほしいショットではありますが、最初は確実に脱出できるかどうかを考えてプレーしましょう。


バンカーショットは一度、苦手意識を持ってしまうと成功率も大きく下がってしまいがちです。気持ちを楽にして、リラックスして一打、一打を大切に打っていくことをおすすめします。

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「リカバリーが大事!ゴルフにおけるバンカー対処法とは」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1025/

2.「初心者必見!フェアウェイバンカーでの打ち方」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1085/

3.「初心者必見!フェアウェイバンカーからのクラブの選び方」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1108/

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG 目玉のバンカー バンカーショット フェース
All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る