thum tipkid_keymla

thum tipkid_keymla

パターが苦手な人は必見!クロスハンドグリップの打ち方まとめ

パッティングの不振に苦しんでおられる方々の中には、ボールがまっすぐ転がらない、フェースの芯にしっかりとあたっていないという悩みを抱えていらっしゃる方も多いのではないでしょか?そんな時に是非、試してほしいののが「クロスハンドグリップ」というパッティング技法です。今回は、クロスハンドグリップの打ち方をご紹介します。

2017-02-20 00:00:00

クロスハンドグリップがまっすぐ転がる理由

thum dai__98

クロスハンドグリップとは一言でいうと、普通のグリップで握っているグリップの左手と右手の位置を上下に入れ替えるパッティング技法のことをいいます。

右利きの人ならば、左手を体の近くで握り、右手はその下に添えるようにして握ります。(左利きの場合はその逆)このようなパッティング技法のことを「クロスハンドグリップ」といいます。

クロスハンドグリップは一見すると、握りにくく、ストロークしにくいという印象を見る者に与えがちなグリップですが、この握り方の最大のメリットは、バックスイングの安定性と、とにかくまっすぐ打てるようになる直進性が増すという2つの点にあります。

パッティングにおいて、バックスイングが崩れてしまうことはインパクト時にフェース面がターゲット方向を向かず、ボールに不要な回転がかかってしまうことを意味します。また、バックスイングの崩れは距離感のコントロールが上手くいかなくなるという事態も発生するため、毎回、思った通りの距離を転がすことが難しくなってしまいます。

その点、クロスハンドグリップは、安定した軌道を描いたストロークが可能となるため、決まった距離と方向にボールを転がすことができるようになります。

米男子ジョーダン・スピース選手や石川遼選手など、プロゴルファーでも、クロスハンドグリップを採用、実践している人は数多くいます。細かい握り方や、力の入れ方は人それぞれですが、パッティングの不振に苦しんだゴルファーがイップス解消手段の一つとして試すといった例が比較的、多いようです。

クロスハンドグリップの基本的な打ち方

thum mikiya.e

通常通りのグリップでパターを握る場合、左手はグリップをしっかり固定する役割を担い、右手は左手の動き支える補助的な役割を果たします。しかし、クロスハンドグリップの場合は、逆に右手がグリップを固定する側の役割を担い、逆に左手が右手を支える補助的な役割を果たすことになります。

ここで、特に注目してほしいのが右手と左手の位置が逆になったことで起こる手元の動きの変化です。通常のグリップでは、左手は手元の動きをリードする役割を果たしますが、クロスハンドグリップでは右手がストロークの際の動きをリードする役割を担うことになります。

あまり知られていないことではありますが、パターを動かす際に大事なのはグリップ固定する方の手よりも、補助的な役割を果たす方の手です。パターの方向性が定まらないのは、多くの場合補助的な役割を果たす手が「意図していない方向」へ動いたり、余計な力が入ってしまうことによって引き起こされます。

通常のグリップでパターを握ると、右利きのプレイヤーの場合であれば、補助的な役割を果たすのは利き手である右手です。利き手はアプローチやアイアンショットなど指先でフェース面を微妙な動きの調整など、非常に細かで器用な動きが求められるクラブを振る際には利き腕ならではの効果を発揮します。しかし、パッティングの場合はその器用さが裏目に出て、逆に指先や手首のムダな動きを誘発してしまう場合があるのです。

一方、クロスハンドグリップでは補助的な役割を果たすのは左手です。右手よりも鈍感な左手は、鈍感ゆえにパターのストロークは右手が補助的な役割を果たす場合に比べ、まっずぐ、かつ、ゆっくりと振ることができます。また、ボールをしっかりと押し出しやすくなるため、転がりの良いボールを打つことが可能となります。

いかに手首を使わずにパッティングできるか

thum ishiimegumi0904

ここまでの話の流れからも分かるように、クロスハンドグリップの打ち方の最大のメリットは手首を使うこと無く、押し出すような感覚で安定したストローク軌道を描けるという点にあります。


ただ、このクロスハンドグリップに握り方を変えると、通常のグリップでは簡単にできていたことでも、変えることでできなってしまうことがいくつかあります。(いわゆるグロスハンドグリップの弊害)

そういった弊害を補う方法の一つが、グリップを固定する側の手の親指を少し長めにロングサムで握る方法です。ロングサムでパターを握ると、手元の位置は少しハンドダウン気味になります。手元の位置がハンドダウン気味になると、肩を中心にストロークしやすくなるため、より一層、手首を使わない自然なストロークが可能となります。

また、元々ロングサムは力のこもったストロークがしやすいグリップであると言われており、ボールに強いパワーを伝えやすいといわれています。そのため、ボールの打ち出し距離が短くなりがちなクロスハンドグリップの弱点を克服することが期待できます。

飛距離によって使い分ける

thum kozuuuto69

クロスハンドグリップの弱点は、打ち出し距離が短くなるというお話は先述の通りです。

確かに打ち出し距離の問題はグリップをロングサムに変えることで、改善はできます。しかしながら、女性やジュニアゴルファーなど、パワーに自信の無い方はどうしてもそれだけでは正直、不十分でしょう。また、ロングサムだけではおそらくこの問題を根本的に解決する手立てとはならないでしょう。

そこで、そういったゴルファーに是非試してもらいたいのが、クロスハンドグリップと普通のグリップの両方を打ち出したい距離(転がしたい距離)によって使い分けるという方法です。(この方法でパッティングが開眼するゴルファーが最近、増えてきています。)

クロスハンドグリップのメリットはボールの直進性とバックスイングの安定性であることは最初の章で説明した通りです。ただ、このメリットが最大限に生かすべきシーンはおそらく1メートルや2メートルなど、微妙な距離が残ったショートパットを打つ時などでしょう。

一方、ロングパットの場合は長めの距離をしっかりカップがある位置まで届かせなければならず、通常のグリップで距離感優先のパッティングでストロークするのがおすすめです。パッティングの打ち方を上手に使い分けるのは、少し上級者向けのテクニックのようにも感じますが、慣れていくと案外スムーズに使い分けることができます。

クロスハンドではなかなか思い切ったパッティングができないという方は、是非一度試してみてはいかがでしょうか????

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「初心者必見!ゴルフのヒンジングってなに?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1077/

2.「どんな影響が出る?ゴルフのハンドレイトってなに?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1097/

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG クロスハンドグリップ パッティング ロングサム
All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る