thum 3110yurin

thum 3110yurin

ゴルフの最新理論「スタックアンドティルト」ってなに?

トップレベルで競い合っているプロゴルファーも取り入れているというスウィング方法、スタックアンドティルトは、従来の定説から一新した最新のスウィング方法です。スタックアンドティルトとはどのようなものなのでしょうか。またどのような恩恵を受けることができるのでしょうか。

2017-02-20 00:00:00

最新理論「スタックアンドティルト」

thum yukkaaaa723

ゴルフの競技人口は非常に多く、紳士のスポーツとしても人気が高いです。

ゴルフのスキルや道具の技術進化は日進月歩で、科学的見地からも研究が進められています。

中でも古くから研究が進められているのがスウィングフォームで、どのようなスウィングをすれば目的の方向に効率良くボールを飛ばせるのかというテーマは今後も追究されていくことが予想されます。

さて皆さんは「スタックアンドティルト」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

これはゴルフのスウィングに関する最新の理論で、これまでのスウィング理論の常識を覆した画期的なスウィング法となっています。

トッププロの中にもこのスタックアンドティルトを取り入れたスウィングをしている人も多く、アマチュアの方でも簡単に取り入れることができるため、この考え方は徐々に普及してきています。

スウィングの理想

thum moh_moriak1

スタックアンドティルトの話をする前に、少し話が逸れてしまいますが、まずはスウィングの理想について解説していきます。

スウィングの理想は、いかに遠くへ、いかにまっすぐ、いかにミスショットをしないか、という3点となります。

まっすぐ遠くへ、何度打ってもミスすることも無くショットを放てる、これこそがスウィングに求められる重要なファクターであり、この理想を実現するためにスウィング理論、スウィングの基本型が研究され考案されてきました。

スタックアンドティルトも例外では無く、この理想を追究できる新たな形になっています。

スタックアンドティルトの基本型

thum m43shunichi

スタックアンドティルトは「左一軸スウィング」とも呼ばれ、前足(左足)のみを軸として、ほとんど体重を移動させずにスウィングする方法となります。

その基本型としては、まずアドレスは左足を中心に体重を乗せスタンスは狭めにしておきます。次にテイクバックでは背骨を目標となる方向に向け、トップは右足ではなく左足に体重を乗せておきます。

ダウンスウィングでは腰を少し前に突き出し、頭を動かさないように固定したまま腰を回転させます。これを読んでお気付きの方もいるかと思いますが、そうです、体重がほとんど左足に乗りっぱなしの状態でスウィングしていることになります。

スタックアンドティルトで最も大切なのは体重の乗せ方と、頭の位置です。軸がぶれないスウィングであるが故に方向性も安定するようになるのです。

スタックアンドティルトの効果は…

thum satoboo1005

このスウィング方法を取ることで、飛距離や方向性が統一され、ミート率も向上することになります。つまりスウィングの理想である、飛距離、方向性、コンスタントに良いショットが打てるという3要素をぴったり満たしているのです。

ダブりも激減し、トップも少なくなり、スライスの癖も矯正されることになり、ショットの安定性が非常に向上することになりますので、スウィング改造をしてスコアを向上させたいと願う方はぜひ取り組んでみてください。

ただし、慣れない内は少々窮屈に感じるかもしれず、また完璧にマスターしていない状態だとかえってスコアを落としてしまうことにつながりますので、打ちっぱなしやスウィング練習から始めてみることをお勧めします。

プロゴルファーも取り入れているというスウィング、皆さんもぜひ挑戦してみてください。

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「飛距離がグンとアップ!ゴルフのツイスト打法とは?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1167/

2.「頭で理解すると上達が早い!?ゴルフのスイングが難しい理由を知る」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1171/

3.「飛距離を伸ばそう!ゴルフスイングで重要な遠心力を活用するテクニック」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1181/

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る