thum momotatokaruusa

thum momotatokaruusa

ゴルフ場用の靴選びのポイントと、押さえておくべきマナーとは

ゴルフシューズはコースでプレーする際とても重要なアイテムの一つです。ゴルフファッションは着用のマナーを守ると、意外にもフォーム修正の効果も生まれ、正確なショットを打てるようになります。また、デザインにこだわらず、一番プレーしやすいと思われるシューズを選ぶことが大切です。

2017-02-20 00:00:00

ゴルフシューズとスニーカーの違い

thum ryuichi0114

ゴルフシューズとは何なのか。初心者にはわからないことも多いですが、スニーカーではなく、靴の裏にソフトスパイクが付いているシューズがゴルフシューズの特徴の一つです。一見スニーカーのように見えますが、ゴルフ場で見かけるゴルフシューズは実はゴルフ専用に作られています。そのため、芝の上でプレー中に滑らないよう安全面の配慮や正確なショットをするための機能性も考慮して作られています。シューズのデザインはメーカーが違うだけで、似た形が多かったりしますが、最近はハイカットタイプや、カラフルなデザインのものなど多種多様なモデルが登場しています。


シューズ裏のスパイクの硬さの違い

野球やサッカーなどで知られるシューズはスパイクが鉄や金属でできている硬いものです。しかし、ゴルフシューズの裏面に接着されているスパイクはソフトスパイクでゴム製です。砂利や砂と芝の違いでスパイクの硬さは変わるものの、どちらのスパイクも同じ役割を果たしています。ゴルフ場では急な斜面でのプレーや、山道に入ることもあるため芝や雨露で滑らない靴が必要になるのでゴルフシューズにはソフトスパイクが付いているものがほとんどです。また、昔は使用可能だった金属や鉄のスパイクが付いているモデルは最近のゴルフ場では基本的には使用出来ません。

ノースパイクのゴルフシューズとは

thum yuka.saitoh

最近はゴルフシューズでもスパイクが付いていないモデルが増えてきています。このようなモデルの場合、普段使用している靴に比べ、滑り止めが付いているため、ゴルフ場独特の芝の上でもプレーしやすくなっています。初心者の場合、最初にノースパイクのシューズでもプレーに慣れてしまうと、スパイクが付いているものを履いた時、多少、足元が滑ると感じることがあります。そのため、スパイクが有りなしによってスイングフォームを変えてプレーしなければならなくなるため、初心者の場合はゴルフに慣れるまではスパイク有りのシューズを履くことをおすすめします。なお。ゴルフ規則ではどちらのシューズも使用は可能です。

シューズのマナーはグリーン上でわかる

thum k2_god.jp

ゴルフ場でプレーしているとグリーン上でもプレーしなければなりません。グリーンの芝はゴルフ場の管理者にとっては重要な部分であり、そのような場所に侵入するためには着用するシューズや歩き方にもマナーがあります。ゴム製のソフトスパイクでも使い始めの馴染んでない状態だと芝を傷つけてしまう程、グリーンとはデリケートな場所のため、ゴルフシューズを着用する時は必ず、ゴムを馴染ませて、数回履いて慣らしてか使うというのが、一般的なマナーです。特にマナーに厳しいゴルフ場ではスパイクのチェックを実施しているところもあります。グリーンの芽の向きや長さでボールの転がりが変わってしまうため、同伴プレイヤーの迷惑にもならないよう、グリーン上を歩く時は足元を擦って歩かず、決して走ったりしないよう、気をつけましょう。

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「ゴルフ上達の近道はギア選びにあり!」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1158/

2.「初心者必見!ゴルフの上達のために覚えておきたい用語集」
http://golf-plus.jp/articles/detail/291/

3.「初心者必見!一番練習した方が良いゴルフクラブまとめ」
http://golf-plus.jp/articles/detail/248/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

レッド

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る