• ホーム > ゴルフの基本 > ルールを知らなきゃはじまらない!ゴルフの6インチプレースってなに?

thum bukurin

thum bukurin

ルールを知らなきゃはじまらない!ゴルフの6インチプレースってなに?

6インチルールとは初心者およびコンペなど多人数で回る時にだけ採用される特殊なルールの一つです。初心者にとってはコースラウンドを繰り返す過程で、この6インチを採用しなくてもよいほどに「技術を高める」ことが最初の目標となります。

2016-06-23 12:58:59

コースに出始めの人が行う特殊ルールとは

thum akatsuki0127

プロの世界でも、若い世代が活躍する姿がテレビで放映されるようになり、これまで主なプレー人口の年齢層が40代以上だったゴルフは10代などの若い世代にも人気のスポーツとなりつつます。ゴルフを始めると、まずは最初に練習場でしっかりスイング練習に取り組んでから、実際にコースに出てプレイすることになります。ところが、実際のコースに出てみると、練習場と違い、自然環境そのままのゴルフ場には、様々な障害物が存在に気が付くことになります。障害物がバンカーや浅いラフならまだ良いのですが、プロでも難しい深すぎるラフや木の幹などにボールが入り込むと、初心者の技術レベルでは脱出が難しい状況が訪れます。そこで、考案されたのが、「6インチルール」です。

ゴルフの6インチルールとはコースならではのルール

thum gzenpz0710

上級者がラウンド中のラウンド中によく使う「6インチ」とは正式名称では「6インチリプレース」と言います。これはショットした後にボールがプロでも難しい深いラフやバンカーそして木の幹に入り込んでしまった際に、前後左右に6インチだけずらすことを同伴競技者全員が認めるというルールです。どんなにゴルフが上手い上級者でもコースに出ると風や起伏の影響によってショットが乱れ障害物に当ってしまうことはよくあることです。ただ、障害物からの脱出はゴルフの中でも難易度の高い技術が求められます。そこで、障害物からの脱出にあまり時間をかけなくても済むよう、ボールの場所を6インチずらしてあげることで、障害物の影響をあまり受けずにゴルフを楽しむことができます。

6インチルールが存在する理由とはプレイの事情がある

thum yo__u91

「6インチルール」が存在するのは、他のスポーツでは珍しいゴルフならではの理由が大きいと言えます。通常、コースに予約する際は予約制のため、実際にコースラウンドがスタートすると不特定多数の人が時間指定でプレイをスタートすることになります。そのため、同じ組の一人がプレイしている最中に障害物に捕まり、脱出に時間がかかってしまうと、自分たちがプレイする組の後ろでラウンドしている後続組のプレイヤーに迷惑をかけてしまいます。そのような場合に「6インチルール」を適用すれば、時間のかかる障害物の影響を軽減し、コースラウンドの円滑な進行を促すことができます。

6インチルールは慣れてきたらやらないほうがいい

thum kazukyoto

ゴルフを始めて間もない頃であれば、「6インチルール」はコースを円滑に回るため、必要なルールであり、このルールがあることによって、障害物をあまり気にせずとも、目の前の一打に集中できるため、純粋にゴルフを楽しむことができます。ただし、「6インチルール」はベストスコアが100を切るレベルに達する段階になる頃には、あまり適用せずともコースを回ることできるようになります。障害物にボールが入ってしまうことは、あまり良くないことですが、ゴルフには障害物があるからこそ、面白さを感じられるという方も少なくないでしょう。障害物からの脱出も含めて、ゴルフの醍醐味であると仮定するならば、「6インチルール」はそのような魅力を半減させていると言えなくもありません。自分の技術がそのようなレベルに達していると感じた時は、それが、あなたにとっての「6インチルール」を辞めるタイミングなのかも知れません。

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

レッド

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る