thum un_jour_de_soleil

thum un_jour_de_soleil

ワンペナ・ゾーンに関するルールってどんなルール?

皆さんはワンペナ・ゾーンというエリアがコース内に存在する事をご存じでしょうか。多くの方が公式のルールだと思っているワンぺナ・ゾーンは実はローカル・ルールです。今回はゴルフのルールの一つであるワンペナ・ゾーンとは何なのか、紹介します。

2017-02-20 00:00:00

そもそも、ワンペナ・ゾーンを知っていますか?

thum token.shuga.cc_official

ワンぺナとは、「ワンペナルティー」の略称です。ゴルフ場がプレーの進行を促す目的で設置したOBゾーンとは異なる目的のエリアに自分が打ったボールが進入した場合などに、ルールに基づいて、適用や救済を受けた場合に使用される言葉です。ワンぺナ・ゾーンはゴルフの正式規則によってエリアの設置が定められているわけではなく、ローカルルールの適用を受けて設置されています。そのため、ゴルフ場によってもエリア内でのボールの取り扱い方などには違いがあり、共通のルールはありません。

ワンペナ・ゾーンに入ってしまった場合

thum islandgolfsanda

ゴルフ場によっては、コース内の「ワンペナ・ゾーン」というエリアが設定されている場合がありますが、このゾーンに入った時の対処法を今回は少しだけ、紹介します。

ワンぺナ・ゾーンは一般的には黄色と黒の縞模様で杭で他のエリアと選別されています。このゾーンに入ってしまった場合、プレイヤーはローカルルールに従って、規定の場所にボールを移動させなければならなくなります。

移動場所はゴルフ場が定めるローカルルールの内容によって異なり、多くの場合は「ワンペナゾーンを横切った地点の近くやもしくはその場所から一番近いフェアウェイに移動させること」などと定められているケースが多いです。ボールを移動させた後は、ワンペナルティを総打数に加えた上でプレー再開となります。

ワンペナとロストは併用されてしまうのか

thum deep_throat.4

先ほど、ワンペナ・ゾーンに入ってしまった際の対処法をいくつか紹介しましたが、ワンぺナ・ルールはローカルルールであるため、公式ルールとの摩擦が生じてしまう場合があります。そういった際の対応方法の一例を一つ挙げて、紹介します。

例えば、ワンペナ・ゾーン内でボールを見失ってしまった場合の対処法についてです。通常、コース内でボールの見失ってしまった場合、一定時間にボールを見つけられなければ、ロストボールとなり、1打のペナルティが付与されます。

ところが、このようなケースの場合、ロストボールでもあるが、ワンペナ・ゾーンにも間違いなく、ボールが入ってしまっているため、公式ルールとローカルルールのどちらの適用を受けるかは、プレイヤー自身が選択することができます。(ワンペナとロストボールが同時に起こってしまったケース)

公式ルールとローカルルールの摩擦

thum minoru.shinohara

その他にも、ローカルルールと公式ルールの間でルールの矛盾が起こってしまう事例はいくつもあります。(皆さんも、良かったら探してみてください。)

ローカルルールはゴルフ場それぞれの立地環境や気候などを背景に、それぞれのコースに適したルールが定められています。もちろん、ローカルルールと公式ルールでは、公式ルールの知識を身につけることの方が大事ですが、各ゴルフ場別に定められているローカルルールについても、ラウンド前にしっかり確認しておくと、いざという時に必ず役立ちます。

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

レッド

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る