thum funabashicc

thum funabashicc

上級者はみんな使ってる?ゴルフの「サイモンメモ」ってなに?

プロゴルファーや上級者がプレー中にメモを取り出して、何かを確認している姿を見たことのある方も多いと思います。実はあの作業、コース攻略のために情報を再確認している最中なんです。このような作業は大変、地味ですが、するのとしないのとではスコアにも雲泥の差が出てくることもあるんです。例えば、プロや上級者が使用している「サイモンメモ」もそうった作業を行うための大切なツールの一つです。もし、興味がある方はぜひ、一度購入して試してみて下さい。

2017-02-20 00:00:00

コースを攻略するために

thum atos1205

打ちっぱなしでトレーニングを重ね、ある程度、狙い通りにボールを打てるようになると、実際にコースを回るようになると思います。ただ、初心者の多くが目標する100というスコアに辿り着くのはなかなか難しいものです。

練習の時には狙い通りに打てたとしても、実践では足場も少し傾斜がかかっていたり、芝生の状態や天候の状態も練習とは違ったり、風の方向も影響しますので良いスコアを出すことは難しいですよね。

良いスコアを出すためには理想のスウィングができる、定めた狙いや方向に打つことができるのは大前提で、それ以外に戦略的にコースを攻略していく必要があります。

コースの攻略はプロでも手こずることがある難しいことではありますが、研究を進めていくことで自分にどのようなスキルが欠けているのかを知ることにもつながり、その結果スコアにも必ず良い影響を及ぼすことになりますので、実践を通して少しずつ研究していくようにしましょう。

ゴルフの「サイモンメモ」って何?

thum mutter_to_myself

テレビに映るプロゴルファーが打つ前にメモ帳を開いているのを見たことがあるという方も少なくないと思います。

あのメモ帳は「ヤーデージブック」と呼ばれる、コースの情報が細かく書きだされたゴルフ専門の雑記帳のようなもので、プロは打つ前に何に注意すべきかという情報を確かめるためにメモ帳を開いているわけです。

自分の目で確かめ、キャディーさんとも相談した上で最適な方法を考えて打つ、というサイクルで良いスコアを目指しているのです。

ヤーデージブックには決まった規格はありませんので、巷のゴルファーの中にはメモ帳を使っている人もいます。また、プロゴルファーがよく使用している評判のヤーデージブックの一つに「サイモンメモ」と呼ばれるものがあります。

サインメモという名前は作成者であるプロキャディのサイモン・クラークさんにちなんで作られるようになりました。

サイモンさんは現在も有名選手の下でキャディーとして活躍している方で、あの石川遼選手ともタッグを組んだこともあります。2013年からは名前が変わり、ザ・ヤーデージブックという名前でゴルフ場などにて販売されています。

プロや上級者も使用するサイモンメモ

thum 3up2u

サインメモ、ヤーデージブックはプロゴルファーだけが使用するものではありません。

ゴルフが好きな上級者もこれを使ってコースの攻略に挑んでいます。

メモに記されている内容はコースの概要で、スプリンクラーやグリーンセンター、フロントやバックまでの距離が明記されています。

自分の能力を加味した上で距離を計算すれば、よりコースを攻略しやすくなるというわけです。また、ヤーデージブックを使用しながら実践を繰り返していけば、コースの特徴や要点が分かってきて、また反省点などを書き込んでおけば、次回のラウンドでのスコアアップにもつなげられます。プロにとっては、まさに「虎の巻」といった存在なのです。

ホームコースを攻略してみよう

thum inazumashort72

ヤーデージブックを使用するのであれば、まずは身近なホームコース用のヤーデージブックを自分で作る、もしくは購入してみることをお勧めします。

どの位置に何があり、どれくらいの距離がとられているかなどを把握した上でコースを回ってみると、意識しなければならない点にも気付くことにつながります。実践を重ねれば重ねるほど目覚ましくスコアが伸びていくことになります。

まずは100を切ることを目標に、そこから先は自己ベストを出せるようにトレーニングを重ねていってみてください。

▼サイモンメモはこちらで購入できます。
http://www.tyb18.com/index.html

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る