thum natsuki.t.0111

thum natsuki.t.0111

方向性が良くなる「スリークウォーターショット」の打ち方とは?

スリークウォーターショットは初心者にとって最初の難関になります。力を入れ過ぎないように気を付けるスリークウォーターショットは、最初の内は加減が難しいですが、スコアを伸ばす上で必ず必要となるテクニックですのでぜひ身に付けておきたいところです。

2017-02-20 00:00:00

スリークウォーターショットの必要性

thum macchapurin.j

ゴルフのスウィングにはいくつか種類があり、ホールを回る際には時々の状況によって上手に使い分けていく必要があります。

全てのクラブ、ドライバー、アイアンを問わずにフルスウィングがしっかりとできるようになるだけでは、微妙な距離を飛ばしたい場合に対処できず、結果的にスコアが悪くなってしまうことにつながりますので、スリークウォーターショットのようにスウィングの力加減ができるようになるのはスコア向上のための必須条件と言えます。

プロは理想となる飛距離を実現するためにスリークウォーターショットだけでなく、ハーフショットなどの技術も身に付けていることからも必要性は明らかです。

スリークウォーターショットの打ち方

thum ymrj27

フルスウィングの3/4の力で打つショットをスリークウォーターショットと呼びます。

クォーター(1/4)が三つ分の力ということを意味しており、理想はフルスウィング時の3/4の飛距離を出すことになります。

スリークウォーターショットを打つ際に重要となるのは、腕の振り方と体の回転のさせかた、体重の乗せ方の3点です。

まず腕の振りについてはフルスウィング時の3/4の振り幅に留める必要があり、フルスウィングの時にはシャフトが地面と水平となるのが理想であるのに対し、スリークウォーターショットの場合は少しシャフトを起こさなければなりません。

次に体の回転についてですが、こちらはフルと比較して9割くらいの割合で回転させるようにしましょう。体重の乗せ方について左足(前足)に体重をかけ、7割程度を意識して乗せていくのが理想的です。目安としては肩が顎の下に収まるように心がけると自然とスリークウォーターショットを打てるようになります。

ハーフショットの場合はグリップの高さが腰辺りとなりますので、この高さとフルスウィング時のグリップの高さのちょうど中間辺りがスリークウォーターショットとなります。グリップの高さを意識してスウィングの練習をしていくことをお勧めします。

方向性を定めるために気を付けるべきことは?

thum kouki_tagawa

打ち出した球の方向性を決めるのは、クラブのフェースのスウィートスポットでしっかりとインパクトしているかどうか、スウィングの向きが定めた狙いの方向になっているかどうかという2つのポイントとなります。

小手先だけで調整をしようとはせず、スタンスの位置や幅、向きを意識してスリークウォーターショットのスウィングをする必要があります。

特に前足に体重をかけなければならないため、どうしてもフルスウィングをしている時よりも窮屈な格好になってしまい、理想のフォームから少し離れてしまう傾向がありますので、まずはしっかりとしたフォームを意識し、理想的な場所でボールを捉えられるように心がけましょう。

力任せに振ろうとしないことが大切

thum locolib

ゴルフというスポーツは非常に繊細で、ただボールを遠くに飛ばせば良いというわけではありません。力任せにスウィングしたとしても力が充分にボールへと伝わっていないと飛距離も出ません。

男性よりも非力な女子プロゴルファーの方が飛距離が出ることからも分かるように、正しいスウィングをすることが大切です。

スリークウォーターショットでも同様にフォーム次第で飛距離は出ますし、また飛ばし過ぎないように力を加減してあげるのも重要となります。

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「飛距離を出すための練習!ゴルフにおける横振りの重要性」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1047/

2.「飛距離が伸びる?ゴルフのへそ打法ってなに?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1094/

3.「ショットが安定する!ゴルフスイングの最適なテンポとは」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1154/

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る