thum jun_golf

thum jun_golf

意外!夏のゴルフは長袖を着るべき4つの理由

夏のゴルフに長袖は必要不可欠です。暑くて、より不快になると思う方も多いとは思いますが、速乾性のあるものであれば、素早く汗を吸収し、日差しも防いでくれるため、逆に快適です。また、汗のシミなど不潔感を与える見た目にもならず、マナーが大切なゴルフには最適な服装です。

2017-02-20 00:00:00

1.意外と大きい日焼けダメージを防ぐ

thum masaaa0713

夏のゴルフで長袖を着る理由は、まず日焼けを防ぐ意味合いがあります。ずっと外でプレーするので、日差しは常に受け続けることになります。

そのため、肌の露出があると真っ赤に日焼けし、痛くなるほどです。毎週のようにプレーするのであれば、夏の間はずっと日焼けすることになるので、長袖は必要不可欠です。

また、日焼けによって、体中が熱を帯びることで体力も消耗しますのでプレーの精度にも悪影響を及ぼします。最悪、体の体温が上がり過ぎて熱中症などの重大な病気に繋がる可能性もあります。

2.汗を吸収して常に快適にプレーでき、清涼感もある

thum yosshi1227

夏のゴルフで長袖を着ると、暑過ぎるのではと不安になる方も多いでしょう。もちろん防寒用の長袖を着用すれば、通常の長袖を着用すれば、暑すぎて逆効果です。夏のゴルフで適しているのは速乾性のあるウェアです。

薬局でも買える速乾性の高い長袖は流れ出た汗をすぐに吸収することでいつでも気持ち良くプレーできますし、日差しから肌を守るので清涼感もあります。ゴルフ場は自然環境が豊かで、標高が高いと夏でも時折冷えた風が吹きます。そのまま露出した肌が冷やされるとプレーにも悪影響を及ぼしかねません。

3.プレーの精度を支える役割もある

thum yosshi1227

ストレッチ素材の長袖はプレーの精度も支え、動きやすさが増すため、スイングが安定します。また、二重の効果があり、動きやすさが増すと身体の負担も減り、疲労や怪我も防げます。ゴルフは非常に繊細なスポーツで少しのブレは大きく結果に響きます。

そのため、夏は半袖、冬は長袖とユニホームをいつも変えていると微妙に感覚が狂い、上達が遅くなる可能性があります。肌に風が当たる感覚の違いや、ユニホームが変わることによる精神的な乱れなど。ちょっとしたことがプレーに影響を及ぼします。暑い時期も寒い時期も同じ格好であれば、気持ちのブレは少なくなります。

4.ゴルフ場では見た目などマナーにも注意したい

thum Tanodejijin

速乾性のある長袖を着ることで、ポロシャツを何回も着替える必要がなくなります。ゴルフは紳士のスポーツで、服装によってはコースに入ることすらできない場合があるほどマナーが重んじられます。

例えば、ポロシャツに汗のシミが広がったものを着ていると、非常にみっともないです。みっともないだけでなく、不潔で近寄りたくないと思われてしまいます。夏は特に汗をかくので、ポロシャツが汚れる度に交換していては面倒です。速乾性の長袖を着ればポロシャツもあまり汚れないため、何枚も交換する必要がなくなります。

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG ゴルフ 長袖
thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

レッド

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る