• ホーム > ゴルフの基本 > 戦略が変わってくる?ゴルフの「アゲインスト」と「フォロー」の違いとは?

thum bonnieweegolf

thum bonnieweegolf

戦略が変わってくる?ゴルフの「アゲインスト」と「フォロー」の違いとは?

ゴルフの世界では風向きはゲーム展開を左右するだけの影響力があります。ゴルフの「アゲインスト」と「フォロー」の違いについて学んでそれぞれの対策を練りましょう。これをマスターすればどんな天候でもスコアを安定させられます。

2016-06-18 12:09:59

ゴルフは戦略が重要

thum scottishgolfpod

ゴルフは個人戦なので、自分1人でどれだけ緻密に戦略を練れるかが重要になってきます。

もちろんキャディーさんが力を貸してくれるということもあるかもしれませんが、やはり最後は自分自身との戦いであり、そこがゴルフの醍醐味でもあります。

戦略の立て方は自分の実力の程によっても変わってきますが、その日のホールの形状、もっと言えばその日の天候によってもかなり違ってくるものです。

ゴルフをプレーする上でかなり重要な要素となってくるのが当日の風向きと強さです。

ゴルフの中継を見ていたり雑誌を読んだりしていると、ゴルフの「アゲインスト」と「フォロー」の違いについて述べられることが多いかもしれません。

これは実は風の話しをしているのです。

この面で戦略の立て方に熟達できるならばかなりスコアを安定させることができるかもしれません。

では今回はゴルフの「アゲインスト」と「フォロー」の違いについてご一緒に見ていきましょう。

ゴルフの「アゲインスト」と「フォロー」とは

thum scottishgolf

まずゴルフの「アゲインスト」と「フォロー」の違いを簡単に述べると、アゲインストとは向かい風、フォローとは追い風のことです。

なんとなくイメージとして追い風の方がいいのではないか?と思うかもしれませんが、これはそう単純な話しではないようです。

どちらのほうが絶対的に良いというわけではなく、むしろ戦略の立て方が変わってくるということが重要なポイントなのです。

またアゲインスト(向かい風)のほうがやりやすいホールもあれば、フォロー(追い風)のほうが戦略を立てやすいホールもあるでしょうから、それぞれの場合の意識すべき点をしっかり覚えておいて、実際のショットに活かせるようにしておく必要があります。

アゲインストとフォロー、それぞれの場合の基本的なショットへの影響がどんなものかを知っておく必要があります。

アゲインストの場合の対策とは

thum scottishgolfpod

まずアゲインスト(向かい風)の場合当然ショットの飛距離は落ちるのが普通です。

高く上がったボールやバックスピンが強くかかったボールほど向かい風の影響を受けやすくなるそうです。

それでアゲインストの風の時にある程度飛距離を出すためには、弾道は低めに抑え、バックスピンをあまりかけずに打つ必要があるということです。

そんなアゲインストにもメリットがあります。

風に向かってボールが飛んでいくため空気抵抗を受け、放ったボールは吹き上がって、落下する際に垂直に近い形でポトンと落ちやすくなります。それで一気にグリーンを狙っていけるようなショットの場合はうまく飛距離を計算して打てればグリーン上にボールを止めやすくなるので、そういう点をアゲインストの時の戦略として覚えておくとよいでしょう。

フォローの時の戦略

thum cubgolf

一方フォロー(追い風)の場合は意識しなくても飛距離は出やすい状況と言えます。

しかし弾道を抑えたショットをしてしまうと追い風に押さえ込まれるようにボールが速い段階で落下してしまうという難しさがあります。

そうした事態を避けるために、風がフォローの時は弾道を高くし、バックスピンをしっかりかけて、追い風に乗れるように打つ必要があります。

グリーンを直接アイアンで狙うような時にはアゲインストの時とは逆に落下した後かなりボールが転がってしまう可能性が高いので、その点を考慮して攻めていく必要があるようです。

アゲインストとフォロー、それぞれの場合の戦略を立てておきましょう。

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る