thum jin20imamy2guts82aizawa

thum jin20imamy2guts82aizawa

普段から注意が必要!ゴルフで腱鞘炎にならないための対策

スポーツと健康は切り離せない関係にあります。ゴルフを長く続けるためにも、腱鞘炎の対策は不可欠です。体への負担をできるだけ避け、ケアすることを心掛ければ、プレー中に腱鞘炎に悩まされる問題もきっと、予防できるはずです。

2016-06-09 09:21:00

フォームを見直して、手首や指などの腱鞘炎対策を!

thum takeichietsuhiro

スポーツには、「ケガ」がつきものです。ゴルフの場合、注意が必要なのが、手首や指の腱鞘炎です。腱鞘炎は、予防を心掛ることで、起こりにくくすることができます。まず、ゴルフの腱鞘炎への対策方法としては、正しいフォームを身につけるのが最も有効です。ゴルフプレイで腱鞘炎が起こるのは、手首や指の部分に無駄な力がかかるためです。ショットの際にきちんとしたフォームが実践できていない状態だと、体への負担が大きく、腱鞘炎を引き起こしやすくなります。そこでフォームを見直し、負担がかからないようにするための配慮が必要です。

体へのケアでゴルフの腱鞘炎の慢性化を抑制

thum takahiroyamanouchi

ゴルフで起こる腱鞘炎を抑えるには、プレー後の体へのケアが不可欠です。筋肉や腱に強い負担がかかると、炎症が起きます。そこでアイシングによるケアを行い、炎症の状態を抑制します。プレー後に腱鞘炎による痛みや腫れを感じるようであれば、アイシングスプレーや冷湿布などを用い患部を冷やします。また、ゴルフが終わった後は、腱鞘炎が起こりやすい部位へのストレッチを実施し、血行を良くして筋肉や腱をほぐします。普段からの体へのこまめなケアが、腱鞘炎の慢性化予防には効果的です。

サポーターで体の負担を軽減しゴルフの腱鞘炎予防

thum the.second_mika.hana_knc

腱鞘炎は、体に対する余分な負荷によって起こります。このことから、サポーターで腱鞘炎が起こりやすい部位を固定し、負担を軽減させる方法も有効です。最近はゴルファー向けに、手首や指などを保護できるサポーターも購入できます。サポーター購入する場合は実際に使って試してみてから買うのがべストです。体への負担をできるだけ、軽減しつつ、プレーの妨げにならないようなサポーターがゴルフの腱鞘炎予防には理想です。また、体にフィットする使いやすいサポーターが見つかれば、腱鞘炎への不安も軽減されゴルフをもっと楽しめます。

自然治癒力や積極的な治療で腱鞘炎の対策

thum kiichirosuzuki896562

もし、ゴルフの腱鞘炎になってしまった場合は、無理せず、安静にするのが一番です。しかし、無理を続けると腱鞘炎の症状は悪化します。また、本来、体に備わっている自然な治癒力だけで腱鞘炎が抑えられない場合には、炎症への積極的な治療が必要となります。この時、炎症鎮痛剤などの医薬品を用いると、炎症による腫れや痛みを抑えられます。ただ、炎症が慢性化している場合は外科的な方法で手首や指などの重度の炎症を抑えなければならない場合もあるため、注意が必要です。ゴルフのケガの一つである「腱鞘炎」はケガに対する予防策こそが、ゴルファーにとってなにより大切です。

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG ゴルフ 腱鞘炎 対策
thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

レッド

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る