thum nobunyon

thum nobunyon

トッププレイヤーも実践している!?レイドオフってなに?

プロゴルファーのスイングをチェックするとレイドオフの傾向にあります。どちらかというとセオリーではタブーと言われています。なぜレイドオフの傾向になっているかを知るとフォームやクラブへの意識も変わっていきます。

2017-02-20 00:00:00

プロゴルファーにレイドオフが多い?golfplus

thum justmatthew_k

ショットをした時にまっすぐに飛ばなかったり、思ったとおりの軌道にならない時、レイドオフを意識してみると軌道が変化する可能性があります。

最近のプロゴルファーのツアーをチェックするとスイングがレイドオフの傾向があります。レイドオフのスイングは以前言われていたスイングの基本のセオリーが変わってきています。

レイドオフとはスイングのトップの状態でシャフトが左側になっている状態です。スイングを後ろから見るとシャフトが背後に倒れている状態をレイドオフと言います。

反対にシャフトが右側に倒れている状態をシャフトクロスと呼びます。スイングを後ろから見たときに頭側にシャフトが傾いているのがシャフトクロスです。シャフトクロスはクロスとも呼ばれますしアクロス・ザ・ラインとも呼ばれます。

ゴルフ教室やスイングの基本を解説している教科書ではシャフトは立てて、進行方向に真っ直ぐな状態が理想と言われています。シャフトが左側になっているレイドオフだとスライスしやすく、シャフトクロスだとフックしやすいのがセオリーです。

-----
▼ゴルフグッズをお得に買うならamazon.co.jpがおすすめ
1. amazonで購入できるゴルフ関連全カテゴリをチェックする
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ用品、ゴルフ用具全カテゴリまとめ

2. タイプ別のおすすめゴルフボールをチェックする。
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ用品-ゴルフボールタイプ別紹介

3. 消耗品をamazonでまとめ買い
https://www.amazon.co.jp/消耗品一覧

4. ラウンド必須アイテムをチェックする
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ必須アイテムまとめ

レイドオフはクラブの進化が原因?golfplus

thum augustagolfinstruction

基本的なゴルフの教科書ではレイドオフはスライスの可能性があり、シャフトはあくまでも進行方向にまっすぐに立てるのが基本ですが、プロがレイドオフになっている傾向にはクラブの進化が影響しています。

最近のクラブはヘッドが進化してボールがフィットしやすい傾向にあります。ボールが捕まりやすいのはミスショットをカバーしてくれるのでクラブの進化ではあるのですが、捕まりすぎるとフックしやすい状態になります。

プロゴルファーは微妙な変化を感じ取るのでフックを警戒してレイドオフのスイングに微調整しています。スイングをレイドオフにすることでクラブの特徴も活かしつつ意図しないフックを回避しています。

プロゴルファーが新しいシーズンになる時に新しいクラブに変更しますがフィーリングが合わずに良い成績が出せない時があります。ちょっとした変化ですがプロは感覚を微調整してクラブを使いこなしています。

アマチュアもレイドオフが良いのか?golfplus

thum coltboll

プロゴルファーのスイングの傾向はレイドオフに変化しています。スイングの基本は時代によって変化します。過去は良いと言われていたセオリーも環境によって変化します。

クラブは一昔前よりも大きく進化しました。以前とは環境が変わってきているのでスイングを進行方向にまっすぐにしてシャフトを立てる考え方にも変化が必要です。クラブの変化にはヘッドの大型化があります。ヘッドが大きくなったので重心位置が以前よりも変化しています。

最近の傾向だとヘッドの大型化によってシャフトも立てないスイングが流行っています。重心位置がボールから離れてしまうとコントロールが難しくなるので、なるべくシャフトを寝かせるようにスイングします。スイングがコンパクトになってミスショットが減る理論です。

セオリーを重要視せずに環境の変化によってフィットするとスイングに変化していくのが自然な流れになります。"

自分自身にあったスイングを選ぼうgolfplus

thum foresthillsgolfclub

すべての方がレイドオフにした方が良いかと言われると結論ははっきりしません。スイングには個性があり自分にフィットするスイングがベストという考え方があります。明らかなNGというのはありますが、スイングを無理に修正して今までのフォームがバラバラになってしまう可能性があります。

ただクラブの変化によるレイドオフの傾向が進んでいるのは事実ですし、もし新しいクラブを買ったけどスコアが伸びなかったり、新しいクラブだとスライスしてしまう方はレイドオフを意識してみると軌道の変化が期待できます。

フォームはスイングだけではなくグリップの位置なども影響しているのでスイングだけが原因ではないです。

ポイントは、どういった動作をしたらスライスするかフックするかといった理屈を理解して、自分の思った方向にショットができるかが大切です。

わざとフックしたりスライスする練習だったり安定した基本的なフォームが必要になります。

-----
▼ゴルフグッズをお得に買うならamazon.co.jpがおすすめ
1. amazonで購入できるゴルフ関連全カテゴリをチェックする
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ用品、ゴルフ用具全カテゴリまとめ

2. タイプ別のおすすめゴルフボールをチェックする。
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ用品-ゴルフボールタイプ別紹介

3. 消耗品をamazonでまとめ買い
https://www.amazon.co.jp/消耗品一覧

4. Amazonの中古ゴルフクラブストアをチェックする
https://www.amazon.co.jp/中古クラブまとめ

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG レイドオフ シャフトクロス スイング
All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る