thum sarahbrass257

thum sarahbrass257

ゴルフのロストボール、正式ルールを知っていますか?

このようにゴルフをプレーしている最中にみつからなくなったロストボールは、自分がそれを生み出してしまった場合とそれを防ぐためのルールがさまざまあることが分かります。ぜひ参考にしてみてください。

2017-02-20 00:00:00

ゴルフのロストボールについてとそのルールについて

thum sebbagotchy

まず始めに、ゴルフのロストボールについてを説明します。これは、紛失球ともいわれ、ゴルフをプレーしている中で一定の時間内に、自分が打ったゴルフボールが見つからない時にはこういわれます。つまり正式なルールとしては、始めに自分が打ったボールを最後にプレーした所の出来るだけ近くに戻り、1打罰を受けて別のボールを使ってプレーしなければならないので、実際には2打罰を受けるため、自分のダメージが非常に多くなりますので、ゴルフのプレー中には気を付けなければならない事です。

5分間捜索して、見つからないとルールではロストボールになる

thum beverleycunningham

次に、5分間一生懸命捜索してもゴルフボールが見つからない時や自分のボールだと確認できない時は、基本的に正式ルールとしては、ロストボールとなり、前述でも書いたようなストローク・アンド・ディスタンスのペナルティが科されます。また、5分を経過した直後にボールが見つかったとしても、そのボールはアウト・オブ・プレー(プレーできるボールではない事)なので、それを使う事は決して許されません。もし、それを使ってプレーした場合は、その球が誤球となり、ロストボールとは別のペナルティとして2打罰が科されることになります。

ゴルフのロストボールのために予備のボールを持ちましょう!

thum mattluke4

ゴルフのトラブルの原因となるのが、ゴルフのロストボール探しに時間をかけすぎてしまい、スローなプレーになってしまう事です。そうならないために、最低でも自分のキャディバックの中に5個から10個ほどのゴルフボールをバックにしまっておく事が大切です。初心者の場合は、自信がない方が多いので全ホール分の18個を用意しておくことが大切です。また、日本のゴルフ場の多くが行っている正式なルールとして、前進2打罰(前方の特設ティから2打罰を受けてプレーを再開する)という方法もあります。

ロストボールになる可能性になる時に暫定球を打つルールがある

thum symondsandsa

最後に、ゴルフのロストボールになる可能性が高い時に暫定球(プロビジョナル・ボール)として打ち、ゴルフを続行する事が出来るルールがあります。ただし、一度暫定球を打った場合や、自分か自分サイドの人間がボールを探し始めてしまう時には、その後に暫定球を打つ事が出来ないので注意が必要です。でも、プレーの最中にホールの状況がよく分からないまま少し進んでみた場合、自分が予想していた以上に最初のボールでロストボールの可能性が高くなった場合に限り、最初のボールを打つた地点から50ヤード未満であれば、戻って暫定球として打てます。

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

レッド

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る