thum crib__m

thum crib__m

飛距離が変わる?ユーティリティのロフト角の選び方

スタンダードなクラブの他に便利で人気のクラブというものもあります。その一つがユーティリティというクラブでハイブリッドクラブとかレスキューなどとも呼ばれています。特に大事なのはユーティリティのロフト角です。

2017-02-20 00:00:00

とても便利なハイブリッドクラブ

thum

最近ではゴルフのクラブの種類も多様化が進み、しばらくブランクがあって久々にゴルフを再開された方などは、クラブの種類の多さに驚くほどではないでしょうか?

ピッチングウェッジの代わりにギャップウェッジを使用している方もいますし、さらにはフェアウェイウッドとアイアンの間をとったようなハイブリッドクラブのユーティリティを使用している方も増えてきています。

変わった呼び名のクラブですが、最近ではプロも使っている人が多い人気のクラブです。こうしたクラブはまだ中古クラブショップなどには数が少ないと思いますが、大変便利で使えるクラブなので、一本は持っていると良いかもしれません。

このユーティリティは、例えばボールがラフにあって、フェアウェイウッドで打つにはちょっと難しい時などに力を発揮するクラブと言われています。

今までこのクラブのことを聞いたこともなかった方は是非この機会に注目してみてください。ユーティリティをクラブのチョイスに組み入れることによって、スコアアップにも役立つかもしれません。

ユーティリティで大事なのはロフト角

thum jun_tiki

ユーティリティというクラブも一種類ではなく、様々なものがあります。

なかでもしっかりと選ばなくてはならないのがユーティリティのロフト角です。ユーティリティのロフト角は飛距離に直接的に影響があります。

簡単に言うとロフト角の角度の数字が低いほど飛距離が伸び、角度の数字が大きいほど飛距離は出ないという感じです。

これは単純に飛距離が出る方がいいというものではなく、他のクラブとの兼ね合いが大切になってきます。他のクラブと用途がーかぶってしまっては意味がないので、自分のクラブの選び方とコースマネジメントをよく考慮して一番最適なユーティリティのロフト角を見極める必要があるでしょう。

さらにユーティリティのロフト角はメーカーによってもバラツキがあるので、その点もしっかり調査して決める必要があるでしょう。番手だけを見て買ってしまうと思ってたのと違うという展開になりやすいので、必ずロフト角を判断材料のメインにする必要があります。

二種類のヘッド形状

thum love.tantan

さらにおもしろい点として、ユーティリティには二種類のヘッド形状が存在しています。1つはウッド系のヘッド形状、そしてもう一つはアイアン系のヘッド形状です。

基本的にウッド系のヘッド形状が主流にはなっているようですが、ユーティリティ購入の時はこの点も考慮して買う必要があるでしょう。

ちなみにウッド系のユーティリティはボールが上がりやすいという特徴を持っています。一方のアイアン系のユーティリティはティーショットでラインを出しやすいという特徴があるようです。

クラブのチョイスでレベルアップを

thum yuchi_february6

スコアのアップを目指してある程度上達してくると、必ずどこかで壁にぶつかると思います。これ以上スコアをアップさせるのは無理なのだろうかと感じることもあるでしょう。

そのような場合技術を磨き続けることも大事ですが、クラブ選びを見直すのも大切かもしれません。ユーティリティのようなクラブを一本投入するだけで、スコアアップのための近道になるかもしれません。

最近では動画サイトなどにゴルフ関連の動画もたくさんアップされていますので、興味のあるクラブがあったら、そうしたクラブを紹介している動画をチェックしてみるのもおもしろいのではないでしょうか。

技術と道具両方のレベルを高めてさらにゴルフというスポーツの魅力にハマっていくこと間違いなしです。

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「脱ゴルフ初心者を目指そう!おすすめのユーティリティと選定ポイントについて」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1172/

2.「アイアンの変わり?上達しやすいクラブ選びユーティリティ編」
http://golf-plus.jp/articles/detail/350/

3.「初心者の味方!ゴルフクラブ「ユーティリティ」選ぶときの3つのポイント 」
http://golf-plus.jp/articles/detail/87/

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る