thum swing_carmel

thum swing_carmel

右手よりも難しい左手の片手打ち練習法

アプローチショットの精度を高めるには、左手首の使い方が重要です。それを矯正するには、左手の片手打ち練習が有効でしょう。左片手で打てるようになれば、両手で打った時にもっと良いショットができるに違いありません。少し辛抱して練習してみましょう。"

2017-02-20 00:00:00

これができるとアプローチの精度が高まる?

thum golfspymbp

アプローチショットは、左手首の使い方がカギです。左手首の使い方が悪いとダフってしまうことが多いのです。ダフリが出る人の左手首の動きを分析すると、バックスイング時に、左手首が甲側に折れています。つまり、左手の甲が空を向くようにバックスイングしているのです。この癖は、左手の片手打ち練習で改善できます。左手首の使い方が悪いままで片手打ちをすると、ボールが安定しないどころか、打つこともできません。左片手打ちがうまくできるようなフォームを身につけることが、アプローチ精度の向上につながります。

手打ちは厳禁!まずは小さく

thum lcohenpga

左片手打ちを練習するには、まず素振りから始めるのが良いでしょう。時計の針に例えると8時から4時くらいの、小さな振り幅から始めるのがおすすめです。手打ちにならないよう、しっかりと腰を回して打つことを心がけるのもポイントです。素振りが慣れてきたらゴルフボールを打ってみましょう。おそらく最初は、ゴルフボールに当てるのも苦労するでしょう。トップやダフリが出るのも当たり前です。根気よく練習しましょう。しばらく練習すれば慣れてきて、クリーンヒットができるようになるはずです。

下半身リードを意識

thum rene_van_beek

下半身リードとは、アドレスからテイクバックし、ダウンスイングに入る時に、上半身からではなく、下半身から動作をスタートさせることをいいます。左手片手打ちの練習をする時にも、このことを意識するとうまくいきます。上半身から動作をスタートさせると、左手首の角度が乱れてしまいます。左手首の良い状態をホールドしながらスイングするためには、下半身リードを常に意識して練習することが大切です。下半身リードを意識することは、振り遅れ防止にもつながります。

手首の角度を維持

thum

先にも少し紹介しましたが、アプローチ時にダフりやすい人は、左手首の角度が乱れています。左手の片手打ち練習は、その乱れを解消する練習方法でもあります。そのため、片手打ち練習をする時には、左手首の角度を維持することを念頭に置くことが一番肝心です。左手首を甲側に折らないことを意識してください。逆に親指側に折れる分には問題ありません。このイメージをつかむには、一度ゴルフクラブを置き、下敷きなど平らな板を両手で挟むように持ってスイングするとイメージがつけやすいです。

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「初心者必見!ゴルフの「チャックリ」ってなに?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1126/

2.「アプローチショットでバックスピンをかける4つのポイント」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1138/

3.「意外な上達テクニック!片手打ちでゴルフが上手くなる理由とは」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1168/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

レッド

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る