thum jsquaredgolf

thum jsquaredgolf

ゴルフのリフティングができるとなにがいいの?

リフティングは、ボールをフェースで捉える感覚をつかむために、とても大切な練習です。慣れてくるとボールに回転を掛ける感触もつかめます。 今回はゴルフのリフティングについてまとめました。

2017-02-20 00:00:00

フェースをコントロールすることで感覚を取得できる

thum golf_specifics

ゴルフクラブを使用して、ボールをリフティングする光景を見たことがありますか。これには何か意味があるのでしょうか?実は、立派なゴルフの練習です。その証拠に、プロゴルファーは皆リフティングが出来ると言われています。リフティングはフェースの真ん中でしっかりとボールを捉える練習になります。また連続してリフティングを行うためには、ボールをまっすぐ上にあげなくてはなりません。フェースの微妙なコントロールが必要なため、コントロール能力が身に付きます。

持続させるための集中力がつく

thum aendyie

リフティングを連続して行うのはとても難しいことです。正確にフェースを上に向けて、その角度も微妙に調整しなくてはなりません。この状態を維持するには集中力が必要です。そのため、リフティングは集中力を高めるのにちょうど良い練習方法です。実際のゴルフショットでも、一つのショットには大変な集中力が必要です。リフティングで集中力を持続させる練習は、実践を考慮したとしても大切な練習方法と言えます。また、フェースの向きを常に感じ取るトレーニングにもなります。

どうすればできるようになるの?

thum terry_stickland

リフティングを安定して行うには、幾つか手順を踏んで練習するのが良いでしょう。まず行うクラブは、フェースの広い、サンドウェッジやピッチングウェッジなどが良いです。最初のうちはクラブを短めに持つと安定します。いきなりボールを叩くのは難しいので、最初のうちは、箱や財布などの平らな物をのせて練習すると良いでしょう。慣れてきたらいよいよボールを使いますが、最初は叩かずに、ボールをフェースにのせて落ちないように維持する練習をします。もし1分間以上ボールを落とさずにいられるようになったら、リフティングを始めてみましょう。

後は反復練習で叩き込む

thum bigdubjetta

最初はリフティング開始時にボールを乗せるのに苦労する人が多いでしょう。しゃがんで手を使ってのせても良いですし、足を使っても良いです。リフティングが5回程度続くようになってきたら、あとは反復練習あるのみです。自分なりに記録をとり、記録の伸びに喜びを感じながら練習してみてはいかがでしょうか。リフティングが30回続かないのならば、クラブを短く持って挑戦しましょう。30回を超えるようになってきたら、徐々にクラブを長めに持って練習するのが効果的です。

リフティングは狭いスペースでできる練習なので、毎日マメに練習してみてはいかがでしょうか。

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「初心者必見!ゴルフの「チャックリ」ってなに?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1126/

2.「アプローチショットでバックスピンをかける4つのポイント」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1138/

3.「意外な上達テクニック!片手打ちでゴルフが上手くなる理由とは」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1168/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

レッド

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る