thum yoshimi.224

thum yoshimi.224

自宅で上達できる!パターマットの3つの使い方

ゴルフのスコアアップのためにはなるべく自宅でできる練習を欠かさずするのが大事です。自宅でできる練習の筆頭といえばやはりパターマットを使った練習でしょう。ここではパターマットの使い方について三つ取り上げてみましょう。

2017-02-20 00:00:00

自宅でのトレーニング

thum eric1203jp

日本の住宅事情を考えると自宅でなにかの練習をするというのが大変難しいということがわかります。大きな音が出る楽器の練習や、ダンスの練習なども、海外の広い家ならば可能かもしれませんが、一軒家でさえかなり近接して建っている日本では難しいと言えるでしょう。

スポーツの場合も同様で、自宅の庭でバスケットボールやサッカーのゴールを設置して練習などということは相当裕福な家庭でないと叶わぬ夢ではないでしょうか。それでも特定のスポーツにむちゅうになると少しでもいいから自主練を自宅でしちと考えると人は多いようです。

そのためたくさんのアイデア商品が生み出されてきました。ゴルフの世界でも自宅で練習できるグッズが数多く発売されており、その中でも特にパターマットは多くの人に親しまれている練習道具です。

ここではそのパターマットの使い方について3つの効果的な方法を考えてみましょう。

パターマットの使い方に熟達すれば、グリーン上でのパフォーマンスが飛躍的に向上するかもしれません。

距離感を掴むためのパターマット

thum ruiji.m

まず最初に思いつく使い方は最もベーシックなもので、距離感をしっかり掴むという点です。

距離感といってもパターマットの長さは決まっているし、グリーン上での。パッティングの距離は毎回違うじゃないかと思われるかもしれません。

しかしここでいう距離感とは自分のクラブの振り幅やコントロールの仕方と、打球の距離の関係性のことです。この感覚を研ぎ澄ませるために、パターマット上の色々な位置からパッティングをしてみます。

本来の定位置からのパッティング、そして半分の位置からのパッティングなど距離を変えて、どの程度のパッティングをした場合にどれくらいの距離を転がせるのかの感覚を磨いていくのです。

もちろん実際のグリーン上では芝の状態が様々だったり、傾斜がついていたりします。

最近では傾斜がつけられるパターマットも発売されていますので、そうしたものを使って練習してみるのも面白いかもしれません。

方向性を正しく調節する

thum minako439

続いてパターマットの使い方で注目したいのはパッティングの方向性の調節です。

いくら距離感が良くても方向性が良くなければパッティングは決まりません。フェースのとらえ方からちょっとした力の抜き方など様々な要素が関係してくるので、ひたすら反復練習が必要です。

そこでパターマットが重要な役割を果たしてくれるでしょう。

方向性をしっかり身につけたいときには必ずしも最初からカップを狙うというよりも、短い距離を打ち出してみて、思った方向に球が出ているかをチェックすることも大切です。

短い距離でできることは長い距離でも徐々にできるようになっていくでしょう。

フェースの向きを調整するための練習

thum koemaki12

パターマットの使い方として3つ目に提案したいのは、パターマット上で2個のゴルフボールをくっつけて並べ、2個同時にパッティングしてみるという練習方法です。

この練習をすることによって、パットのインパクトの瞬間にフェースの向きが正しいかどうかを厳密にチェックすることができます。フェースの向きが悪ければ2個のボールのうち片方、ないし両方が変な転がり方になるでしょう。

やってみると意外に難しいと思われるでしょう。

このようにスタンダードなゴルフ練習アイテムのパターマットですが、ただなんとなく練習するのではなく、目的意識を持って使用するならばレベルアップのための武器になることでしょう。


▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「スコアが伸びる?ゴルフのパッティングの3つの大切さ」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1044/

2.「初心者必見!パターを打つ時に意識したい3つのこと」
http://golf-plus.jp/articles/detail/260/

3.「初心者必見!ゴルフのパター4つの打ち方」
http://golf-plus.jp/articles/detail/742/

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG パターマット スコアアップ パッティング
All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る