thum eastcoast_fit

thum eastcoast_fit

スコアが上がる!?ハーフスイングの3つの打ち方

ゴルフの打ちっぱなしに行くとどうしても全力フルスイングで気持ちよくボールを飛ばすことばかり考えてしまいがちです。しかし実際にゴルフのスコアをあげたければハーフスイングの打ち方をしっかりマスターして、基礎をしっかりと鍛える必要があります。

2017-02-20 00:00:00

スポーツは基礎が大切

thum mamitas0925

どんなスポーツでもやはり基礎が大切です。

プロになるようなプレーヤーはそれこそ基礎的な練習を飽きずにしっかりやってきています。ついつい自分の気持ちのよい練習ばかりをしてしまいがちですが、基本的な技術や力を向上させるような基礎練習をしっ借りやる必要があります。

サッカー選手なら全力フリーキックの練習よりもリフティングや正確なパス、野球のバッティングであればホームラン狙いのフルスイングではなくしっかりミートする練習が必要です。

ゴルフの場合も同じで、フルスイングよりもハーフスイングの打ち方をしっかりと練習する必要があります。

ハーフスイングがしっかりと身についていないのにフルスイングの練習ばかりしていても本当の成長はなかなか見込めません。

ここではハーフスイングの打ち方をマスターするための3つのポイントをしっかりと覚えておきましょう。

ハーフスイングのポイント1

thum breannagillgolf

ハーフスイングの練習をずっと続けるのは退屈に思えるかもしれませんが、これは上達のために急がば回れだと思って頑張りましょう。

ハーフスイングの打ち方でまず最初に覚えておきたいのはスイングの幅です。

ハーフスイングをするときはバックスイングの時は正面から見て時計の8時の位置まで上げます。そしてフォローは同じく正面から見て4時の位置までにします。

この幅をしっかりと頭に入れておきましょう。

ハーフスイングのポイント2

thum mapgolf

ハーフスイングの練習をするときに注意するべき二つ目のポイントは、必ず体の回転だけでスイングすることです。

この感覚をしっかりと身につけることはハーフスイングの習得だけでなくスイング全体の技術を高めることになります。

よく言われることですが、胸の前に手が常にあるようなイメージをしっかりと持っておきましょう。

ハーフスイングのポイント3と撮影練習

thum shinov141

そしてバックスイングだけでなくフォローまでしっかりと体の回転でスイングしていきます。

イメージとしては右の股関節に体重をしっかりと乗せるイメージでバックスイングし、今度は左股関節に体重を移動させるような感じでフォローしていくというものです。

この動きが本当に自然にできるようになるまで繰り返しハーフスイングの練習をする必要があります。このような基礎練習を我慢強く続けるとその練習の成果というものは必ず実感できるようになるので頑張りたいものです。

ところでこうしたゴルフの練習がしっかりとできているかどうかどのようにチェックすることができるでしょうか。

もちろん先生やトレーナーをつけて自分のフォームがどうなっているか教えてもらえたら一番良いのですが、最近ではスマートフォンやタブレット端末の普及によって簡単に高画質の動画を自分で撮影することができるようになりました。

中にはこうしたスポーツのために自撮りするための専用のアプリなども出ていますので、そうした機能の利用することもできます。

自分で自分のプレーを見るという行為は一昔前であればかなり設備が揃っていなければできなかったことですが、今では簡単にできますし、これほど自分のイメージと実際のプレーの差を埋めるために役立つ分析方法はありません。

ビデオカメラなどを持っている方はさらに本格的な動画を撮影することができると思いますので、ぜひ自分のハーフスイングの練習風景を動画に撮影してみましょう。

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る