thum thegolfcollege

thum thegolfcollege

あなたは違反してない?ゴルフのグリーン上でよくあるルール違反

グリーン上では特別なルールがいくつも設けられています。プレーをスムーズに行うためにも、グリーン上でのルールやマナーはしっかりと覚えておきたいものです。

2017-02-20 00:00:00

ゴルフコースにとってグリーンは特別な場所

thum jeffbarbierphotography

ゴルフコースの中でもグリーンは特別に扱われている場所です。ご存じの通り、グリーンにはカップが設けられていて、パターにてカップにボールを入れることが目的です。パッティングに適したように、芝も短くカットされ最もよく手入れされているところです。そのため、ゴルファーは特にグリーンを大切に扱わなければなりません。また、特別な場所であるだけに、特別なルールも存在しています。グリーン上だからこそ許される行為や、逆に許されない行為もあります。グリーン独特のルールやマナーをしっかりと覚えておくことは大切なことです。

グリーンではマークを行ってボールを拾う

thum monicaalessandra

グリーンは唯一ボールを拾い上げることができる場所です。ただし、ボールを拾い上げる前にマークと呼ばれる小さな器具で目印をつけるのがルールです。マークをつけないで拾い上げるとペナルティーとなるため注意しましょう。通常、マークはボールのそばでカップに対して反対側につけるのがマナーです。ボールを一度待避させる目的は、他のプレーヤーのボールがぶつかってしまうのを避けるためです。もし、マークが他のプレーヤーのパットの邪魔になるようであれば、ゴルフクラブのヘッド一つ分を移動させることができます。

ボールマークは必ず消そう

thum fumiyohasunuma

グリーンにボールがオンした時、ボールが落下した衝撃でグリーンの芝がへこんでしまうことがあります。それをボールマークといいます。ボールマークは修復しないと行けません。ボールマークを修復するための”ディポット・スティック“や”グリーンフォーク”などの専用の器具があります。これらを使ってグリーンの穴を修復しましょう。ディポット・スティックの場合はボールマークの中心部分を何度かスティックを抜き差しすることでグリーンの表面を平らに修復します。グリーンフォークの場合は、ボールマークの少し横側に差し、穴をふさぐように周囲の芝をボールマークに寄せるようにして修復します。

パットラインについての決まり事

thum vivianarizzo

プレーヤーがパットする時にボールからカップへボールが通るラインをパットラインといいます。まず、他のプレーヤーのパットラインを横切るように歩くのはルール違反です。足跡によりパットラインにへこみができて状態が変わってしまう可能性があるためです。パッティングラインの状態を変えてしまった場合は、ストロークプレーであれば2打のペナルティー、マッチプレーではそのホールの負けが確定するほど厳しいルールです。また、パッティング時には誰もが集中するものです。パッティングラインの延長線上に人が立つこともマナー違反となるので気をつけるようにしましょう。

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

レッド

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る