thum nocks51

thum nocks51

力みから解放されたい!ゴルフでうまく力を抜くための練習法

ゴルフはプロでも緊張しますが、力み過ぎて自分の力を発揮できないのは悔しいものです。力みを解消するためにも、スタート前のリラックス、グリップに力が入らない方法、準備運動にもなる素振りを取り入れ、しっかり練習することが大切です。

2017-02-20 00:00:00

まずはリラックス!リラクゼーションで力みを解消

thum urara.nadeshiko

ゴルフでうまく力を抜くためには、体をリラックスさせることが大切です。まず両肩のリラクゼーションを行いましょう。両肩を上にギュッと持ち上げたら、一気に力を抜きストンと落とします。次に腕のリラクゼーションです。両腕を体の前に、地面と平行になるように上げたら、同じように一気に力を抜き落とします。今度は左右に腕を上げ、同様に行います。初心者の方は、特に力が入ることが多いため、ショットを打つ前のリラクゼーションは効果的です。緊張で硬くなった筋肉がほぐれ、リラックスできるでしょう。

無駄な力みはグリップの力を抜く練習が必要!

thum kenji.minagawa

ゴルフは腕に力が入ると、どうしても上半身に力みが入りスイングが不安定になります。無駄な力みをとるためには、グリップの力を抜く練習が必要です。まず、冬用の手袋をしたり、タオルをグリップに巻いたり、ヘッドカバーをグリップに被せてスイングを行いましょう。中でも、タオルをグリップで巻くとグリップ部分が太くなるため、力が入りにくくなります。また、常にやわらかいグリップでのスイングを意識しましょう。グリップの力を抜けば、腕の力を抜くことができ、それにより上半身の力も抜けるのです。

三本の指でグリップ!体の一点のみを力ませる

thum saflyer2009

グリップの握り方にもコツがあります。全身の力を抜こうとすると力みやすくなるため、体の一点のみを力ませる練習をします。左手の中指・薬指・小指の付け根でしっかりグリップを握ることが大切です。手のひらではなく、指の関節に引っ掛けるようにします。小指の第一関節から中指の第二関節に斜めに当てるのがポイントです。三本の指でグリップしたら、親指と人差し指が作るV字が、右肩を指しているかチェックします。きちんと右肩を指しているようであれば、余分な力が抜けており、左脇も締まった状態です。また、背中を少し丸めるような姿勢にすることで、三本指のグリップが作りやすくなります。

スタート前は素振りが大事!強く振るのがポイント

thum haruyukey

ゴルフでの力みを取るためには、スタート前の素振りも大切です。適度な緊張感は必要ですが、緊張のし過ぎは良くありません。緊張をほぐすためにも素振りは重要です。素振りで力を出し切ることで、本番で力が抜け、力むこともないのです。素振りは、ゆっくりと行うのではなく、強く振りましょう。思い切り振ったあとに、フッと力を抜くことが効果的とされています。また、素振りはスタートする10~20分前に行うようにします。準備運動にもなりますし、体を温めることができます。運動による適度な爽快感を残しながら、スタートすることを心がけましょう。

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「飛距離を出すための練習!ゴルフにおける横振りの重要性」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1047/

2.「飛距離が伸びる?ゴルフのへそ打法ってなに?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1094/

3.「ショットが安定する!ゴルフスイングの最適なテンポとは」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1154/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

レッド

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る