thum davidsigisiegel

thum davidsigisiegel

ゴルフ初心者は必見!ウソみたいにショットが安定する構え方

ゴルフ初心者の方は構え方に迷っている方も多いのではないでしょうか。基本的なことを守るだけで、初心者でもボールをまっすぐと飛ばせます。今一度、基本的な事項から見直してみてはいかがでしょうか。

2017-02-20 00:00:00

グリップの仕方が大切

thum nthabidee

初心者の人はゴルフボールがまっすぐ飛ばないことに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。ボールをまっすぐ飛ばすためには、正しい構え方をする必要があります。まずは、グリップのしかたですが、初心者の場合はスクウェアグリップがおすすめです。最初に左手をグリップの中心に対して親指がまっすぐになるように握ります。その後、右手は小指の付け根から人差し指の第2関節にかけて少し斜めにクラブを握ります。そうすると、自然と親指の付け根の延長線上が右肩を指しているはずです。鏡で正面から見て、左手の人差し指から中指のこぶしが見えていれば正しいスクエアグリップができています。

正しい前傾姿勢

thum Amegolf

ボールを打つためには、前屈みになる必要があります。このときに注意することは猫背にならないことです。背筋をピンと伸ばしたまま、両足の付け根で前傾姿勢を取るイメージです。このときに膝は地面に垂直になるようにして膝を曲げすぎないこともポイント。気をつけの姿勢から足の付け根を軸としてそっとかがむイメージで前傾すると良いでしょう。また、このときにクラブを持つ両手が地面に対して垂直になるようにしましょう。鏡の前でアドレスしてみるとわかりやすいです。

重心の位置に気をつける

thum samburrellgolf

重心については、前後のバランスと左右のバランスがたいせつです。まず、前後のバランスについては、前に体重をかけすぎるとダフりやすく、後ろに体重をかけすぎるとトップしやすくなります。足の指の付け根あたりに重心を感じる程度でアドレスしてみましょう。足の指に力が入らないくらいにするのがポイントです。左右についてはアドレス時には右足と左足の両方に同じくらいの加重を感じる程度がちょうど良いです。つまり、左右方向には対称ということです。これらのポイントは、ドライバーでもアイアンでも共通です。

ボールとの位置関係も重要

thum jcrakes23

ボールの置き方に対する考え方は二通りあります。常に足と同じ位置関係にボールを置く考え方と、使用するクラブによってボールを置く位置を変化させるという考え方です。常にボールを同じ位置に置く方法は、初心者には少し難易度が高いため、ボールを置く位置を変化させる方法を紹介しましょう。まず、ショートアイアンの場合はボールを両足の真ん中に置きます。ミドルアイアンの場合は中心よりやや左に置いてみましょう。ロングアイアンの場合はさらに左側に置きますが、自分に合った打ちやすいポイントを探すのをおすすめします。基本的にはゴルフクラブの長さが長くなるほど、左側にずらすという考え方です。

ショットが安定する構え方について
もっと詳しく知りたい方はゴルフレッスンへ!
レッスン検索はこちら!

▼ golfplusレッスン検索サイト
http://golf-plus.jp/lessons/

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「初心者必見!ラフからの打ち方の4つの注意点」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1082/

2.「ゴルフでハーフトップになる原因と直し方」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1132/

3.「初心者必見!ゴルフのフェースコントロール3つの基本」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1134/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

レッド

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る