• ホーム > ゴルフの基本 > ゴルフスコアはアイアン使いで変わる!ロフト立てのショットを習得するコツとは

thum 1puttgolf

thum 1puttgolf

ゴルフスコアはアイアン使いで変わる!ロフト立てのショットを習得するコツとは

ロフト立てショットをマスターすれば、アイアンでも飛距離を伸ばしたり、調整したりすることが可能です。このテクニックでアプローチの精度も上がってくるでしょう。ロフト立てショットをマスターしてスコアアップを狙ってみませんか。

2017-02-20 00:00:00

アイアンの使い方でスコアが変わる!ロフト角とは?

thum kimnayoung03

ロフト立てのショットをマスターするとアイアンでの飛距離が向上します。特にロングホールなどで着実にカップに近づきたいシチュエーションではマスターしておきたいテクニックです。そもそもロフトとは何なのか?それは、ゴルフクラブを横から見た時のフェースがどのくらい上を向いているかの角度です。ロフト角が大きいほどフェースが上を向いていることになります。つまり、ロフト角が大きいほどゴルフボールは上に上がるショットとなります。ロフト立てを行うということは、フェースを立てて打つということで低い弾道をイメージしながら打つことです。

ロフトを立てるとどうなる?

thum ophilakillao

ロフト角はどのくらいフェースが上を向いているかを示す数値であることを紹介しました。ロフト立てのショットを行うということは、ロフトをショットする方向に立てるような形で打つことです。ボールを高く上げるのではなく、低い弾道でショットが可能となるわけです。結果的にロフト立てのショットを行うと、飛距離が伸びることになります。また、ゴルフボールに伝わる回転の関係上、ボールが前方向に転がりやすくなります。転がるということはその分飛距離も延びるわけです。

アドレスが重要

thum gaeun0517

上手にロフト立てショットを習得するには、7番アイアンなどを使用するのがおすすめです。シャフトの長さ的にも最も扱いやすいクラブであるからです。ロフト立てを意識するためにはアドレスが重要です。イメージとしては、左足荷重のハンドファーストインパクトの姿勢でアドレスを取ると良いでしょう。ショットのイメージとしては、膝から腰の間くらいまでバッグスイングを行い、ゴロを打つイメージで低い球を打ちます。7番アイアンを使用した場合、身長以下の弾道で、30ヤードから40ヤードの距離を目安に練習すると良いでしょう。

ボールを置く位置を工夫してみる

thum golfwithfreedom

ロフト立てショットがなかなかうまくいかない場合は、ボールを置く位置を工夫してみてはいかがでしょう。ハンドファーストインパクトのイメージを実感するためには、ボールを右方向に置くとイメージがつかみやすくなります。通常、右側に置くほどフェースがたった状態でボールがインパクトでき、中央に置くほど通常のショットとなります。実際にコースでのショットの時にも、どのくらいの距離を飛ばすのか、どのくらい弾道をあげたいのかによりアドレス時のボールの位置を変えてみるのも一つのテクニックです。

ロフト立てショットの習得法について
もっと詳しく知りたい方はゴルフレッスンへ!
レッスン検索はこちら!

▼ golfplusレッスン検索サイト
http://golf-plus.jp/lessons/

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「出来たら上級者?スティンガーショットの打ち方」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1125/

2.「フェースローテーションを極めよう!安定したゴルフスイングを確立するトレーニング」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1177/

3.「ゴルフスコアはアイアン使いで変わる!ロフト立てのショットを習得するコツとは」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1198/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

レッド

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る