• ホーム > ゴルフの基本 > 寄せが出来るとスコアが上がる!ゴルフのアプローチに自信が付くショットとは

thum heffman10

thum heffman10

寄せが出来るとスコアが上がる!ゴルフのアプローチに自信が付くショットとは

アプローチショットが上手くなれば、ドライバーで飛距離が出なかったり、ちょっとぐらいミスをしたりしてもスコアはまとまります。 アプローチショットをマスターして、ゴルフ上達を目指しましょう。

2017-02-20 00:00:00

アプローチショットがスコアを決める!

thum stvhntr

アプローチショットは、スコアメイクにとってとても重要です。
ティーショットを上手く打て、せっかくグリーンのそばまでいっても、アプローチが悪ければグリーン周りを行ったり来たりすることになって、スコアはまとまりません。
アプローチショットを上手く打てるようになることが、ゴルフ上達の一番のポイントです。
アプローチショットは、飛距離を出すためのショットではなく、決まった方向に決まった距離だけ打つショットです。
フルショットでゴルフボールを遠くまで飛ばす必要はありませんが、距離感と方向性がとても重要になってきます。

まずは転がす寄せを考えてみよう

thum king100dol2

アプローチショットをする際は、まずは転がして寄せられないのかを考えてみましょう。
特に初心者の場合は、高く上げるよりも転がす方がミスショットは出にくいものです。また距離感もつかみやすく、ダフってザックリというようなことも無くなります。
花道のような場所からは、無理に上げるアプローチを打つ必要はありません。
ボールの状況を見て、転がせるのならできるだけ転がすようにした方が、安全で確実なアプローチになります。パターやピッチングウェッジ・アプローチウェッジを使って、転がして寄せましょう。

アプローチショットは構え方で決まる!

thum misa__com

アプローチショットは構え方で決まるといっても過言ではありません。
構え方が間違っていると、上手く打とうとしても、トップやダフリということになってしまいます。
アプローチショットのスタンスは、せまく取ることがポイントです。両足を揃えるぐらいにせまくした方が、小さなスイングをしやすくなります。
スタンスが広いと体が上下しやすく、トップやダフリにつながります。
特に短いアプローチショットの際は、体重移動させないで、最初から左足に体重を乗せておくと、安定したショットになります。

方向と距離、正確なアプローチショットのために

thum kokoro_golf

方向性の精度を高めるためには、右手でのクラブコントロールが重要になってきます。
クラブのシャフトに近い位置を握って短めに持ったほうがクラブをコントロールしやすくなります。そして、右手首の角度を保ったままショットすることが大切です。
距離は力加減ではなく、スイングの振り幅で決めます。力加減でコントロールしようとすると、強く打ちすぎてグリーンを大きく越えてしまったり、逆に短すぎてグリーンに届かなくなってしまったりしてしまいます。
手で打つというよりも、パットする際のショルダーストロークと同じで、肩を振り子のようにして打つイメージです。

アプローチに自信が付くショットについて
もっと詳しく知りたい方はゴルフレッスンへ!
レッスン検索はこちら!

▼ golfplusレッスン検索サイト
http://golf-plus.jp/lessons/

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「初心者必見!ゴルフの「チャックリ」ってなに?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1126/

2.「アプローチショットでバックスピンをかける4つのポイント」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1138/

3.「意外な上達テクニック!片手打ちでゴルフが上手くなる理由とは」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1168/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

レッド

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る