thum maaamiii0303

thum maaamiii0303

ドライバーの練習に最適!ゴルフクラブをゆっくり振る練習法とは

ドライバーの練習ではゆっくりと振る練習を行うことで、安定したフォームが手に入ります。今回は練習法として紹介しましたが、実際にコースを回る時にもクラブをゆっくり振ることを心がけてみると良い結果が出るかもしれません。

2017-02-20 00:00:00

ゆっくりと振ると確実にスイートスポットに当たる!

thum bearthecool66

ゴルフクラブにおけるヘッドは大きいように感じますが、その中でもスイートスポットと呼ばれる部分は、1円玉くらいの大きさです。スイートスポットを外してしまった場合、飛距離が出ないことが多いのです。そのため、安定して飛距離を出すためにはスイートスポットに確実に当てることが大切です。その目的の一つとして、ゴルフクラブをゆっくりと振る練習は最適といえます。スピードを出してスイングした場合は、クラブヘッドが暴れやすくなってしまうため、スイートスポットに当たらない上、フェースターンなども起こりやすくなり、方向性までもが安定しなくなる可能性があります。

スロースイングによりシャフトのしなりを制御

thum jpmitch04

ゴルフクラブをゆっくりと振ることにより、シャフトのしなりをおさえることができます。シャフトがしなりすぎると、自分の想像しているヘッドの位置と、実際のヘッドの位置が異なってしまうことがあります。特にダウンスイングの時には、シャフトのしなりによりヘッドが遅れて降りてきます。スイングが速い場合は、シャフトがしなったり、そったりなどしてヘッドの位置が安定しないのです。クラブをゆっくりと振ることでシャフトのしなりを小さくすることが可能で、スイング軌道が緩やかになるため、安定したインパクトが獲られるのです。

スイング軸が安定することを実感する

thum reginadifede

ゴルフクラブをゆっくりと振ると、クラブヘッドとシャフトが安定するのはもちろんですが、体の無駄な動きも解消されるのです。ゆっくりと振ることで、安定したスイング軸が実現できていることが実感できるでしょう。安定したスイング軸は背骨を中心軸とした回転運動で、下半身が安定したぶれない状態でのスイングです。軸が安定すると遠心力を最大限に利用でき、余計な力を入れずにショットする理想的なスイングが手に入れられます。

リズムをつかむことが大切

thum skinner21

スイング中にゆっくり振ることを心がけると、リズムをつかみやすくなります。多くのゴルファーがリズムをつかめていないのは、激しい動きによるクラブのしなりやヘッドの回転運動などによるクラブの暴れが要因になっています。ゆっくり振ることで一定のリズムでスイングすることが可能となり、スイングが一気に安定するのを実感できるでしょう。特に気をつけてもらいたいのは、バックスイング時にテークバックをゆっくりとしてもダウンスイング時に早くなってしまうことです。ヘッドスピードを上げて飛ばしたい気持ちからこのような動作になると考えられますが、この方法では逆に飛ばなくなり方向性も安定しないことが多いのです。

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「初心者必見!ゴルフのトップの3つの原因」
http://golf-plus.jp/articles/detail/351/

2.「正しいスイングができる!?ゴルフの切り返しってなに?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/302/

3.「スイングで重要!ゴルフでの体の軸の重要性」
http://golf-plus.jp/articles/detail/346/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

レッド

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る