thum totalshank

thum totalshank

左腕の使い方がポイント!安定したゴルフスイングを確立する方法

安定したゴルフを行うためには、安定したスイングを行うことがたいせつです。安定したスイングは、左腕の使い方がポイントです。左腕をまっすぐに伸ばし曲げないことを心がけてみましょう。すると、ボールもまっすぐと飛ぶようになり、トップやダフリなどのリスクも解消されるはずです。

2017-02-20 00:00:00

安定したフォームを手に入れるには

thum theevanrey

ボールの飛ぶ方向が安定しない。飛距離が安定しないなどの悩みは、ゴルフスイングのフォームが安定していないことが考えられます。安定したフォームを手に入れるにはどうすれば良いのでしょうか。それは左腕の使い方にポイントがあります。左腕をまっすぐに伸ばして、余計な力を入れずに遠心力を使用してスイングするのが良いフォームです。ゴルフフォームは常に一定の動作が求められます。筋力などのパワーを使用せずに、左手のコックとダウンのタメを行うことでフォームは安定します。

左腕を伸ばすのがポイント

thum jayhowarthgolf

なぜ左腕を伸ばす必要があるのでしょうか。それは、左腕から見てまっすぐの延長線上にゴルフクラブがあるため、左腕がゴルフクラブと一番密接しているためです。そのため、左腕をまっすぐに伸ばしゴルフクラブのヘッドを安定させることで、ゴルフボールを常に正確に捉えることができます。そうすると、トップやダフリ等の可能性が一気に減ります。スイングの途中で左腕を曲げてしまうと、ヘッドの位置が上下に誤差が生じてしまうのです。プロゴルファーの中には左腕を曲げる人もいますが、初心者の場合は左腕をしっかりと伸ばすことを心がけた方が良いでしょう。

左腕はなぜ曲がってしまうのか?

thum tulipsandtuxedos

左腕をまっすぐにしたいと思っていても、つい曲がってしまう人も多いでしょう。なぜ左腕が回ってしまうのかその原因を考えてみましょう。一つ目の要因として、腰が正確に回っていないことが考えられます。腰が回っていないとバッグスイング時に自分がイメージしている高さまでクラブが上がらないため、左腕を曲げてあげてしまうのです。もう一つの原因としては型が正確に回っていないことです。腰と考え方は同じで、肩が回らないことにより、バックスイング時に左腕を曲げることでクラブを上げてしまうのです。

左腕を伸ばすには

thum hotswings

左腕を延びる方法は、先ほどあげた“腰の回り”と”肩の回り“に関する問題点の解消が必要です。自分の腰がしっかり回っている状態を把握しましょう。腰に手を当てて右に腰を回転させ右肘が真後ろに向いている状態が、腰が最大に回った状態です。その状態を覚えておき、実際のスイング時に腰が最大に回った状態以上にバッグスイングを行わないことを心がけましょう。肩の回し方については、左肩を自分の顎の下に持って来るというイメージを持って肩を回してみるとうまくいくでしょう。

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「真っ直ぐ低めの球で攻めたい!ゴルフのハンドファーストとは?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1404/

2.「ボールが真っ直ぐ転がり出すゴルフの「逆ハンドグリップ」ってなに?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1419/

3.「初心者必見!ゴルフの手打ちってなに?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/362/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

レッド

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る