thum golfcreekside

thum golfcreekside

ゴルフの秘訣はリカバリー!クリークでの効果的な対処法について

ゴルフを行っていると、クリーク周辺に打ち込んでしまうなどのトラブルはつきものです。こんな時にきちんとリカバリーが行われるかがスコアに大きくひびいてきます。リカバリーに対する力をつけることこそが、最大の攻めのゴルフにつながるのではないでしょうか。

2016-04-28 12:07:15

クリークって何?

thum kevin_white43

ゴルフにおけるクリークは、コース内に流れる小さな小川のことです。規模は小さいですが立派なウォーターハザードです。クリークの周辺には荒れた場所が多くちょっとした難所です。クリークにはコースに赤杭が打たれていますので、赤杭を見たら十分注意して避けるようにするのが得策です。また、クリークは別名ラテラルウォーターハザードとも呼ばれます。もし、水の中にボールが落ちてしまった場合は1打のペナルティー加算でクラブ2本分以内の範囲でボールをドロップして打ち直しを行います。

とりあえずフェアウェイに戻すことを考えよう

thum henkkalahdenpera

もし自分のショットがクリークのそばの荒れ地に入ってしまった場合、状況によってはバンカーに入ってしまった時よりも難所となります。深いラフの上に傾斜地であることが多いのです。難所でゴルフボールをたたいてもまっすぐ飛ぶ保証はどこにもありません。直接グリーンを狙わないのが得策といえるでしょう。こんな場合、まず考えるべきなのはフェアウェイに戻すこと。フェアウェイに戻して次のショットでグリーンオンさせようと考えるのが賢いコースマネージメントといえそうです。

クリーク周りのハザードに注意

thum 7_heaven_7

小川は池につながっていることが多いです。そのため、クリークの近くには池などが多いのが特徴です。また、バンカーの配置などにも気をつける必要があります。先ほど、まずはフェアウェイに戻すことを最優先と紹介しましたが、フェアウェイの中でも、次のショットが打ちやすいポイントを狙ってやる必要があります。また、一度クリーク付近へのミスショットを行ってしまうと、メンタル的にもダメージを受けるものです。失敗ショットは忘れて、気持ちを切り替えて前向きに続きのプレーを進めるのもたいせつです。

リカバリーにはクラブを3本持って行こう

thum tpcriverhighlands

クリーク周辺の難所であると、実際にボールのそばに行ってみないと詳しい状況はわかりません。ボールの状況を確認してからクラブを取りに行くと、スピードプレーを阻害するマナー違反となるうえ、ペナルティーが加算されるルール違反にもなりかねません。このような場合は、ボールを転がしやすいクラブと、あげやすいクラブ、その中間のクラブなどを持って行くと良いでしょう。具体的には、5番アイアン・7番アイアン・ピッチングウェッジなどの組み合わせが実用的です。

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

レッド

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る