thum gen3tama3

thum gen3tama3

意外な上達テクニック!片手打ちでゴルフが上手くなる理由とは

片手打ちは、初心者用の練習としてだけでなく、中級者以上のウォーミングアップとしても優れています。ある程度ゴルフの実力がある人でも、自分で気付かない間に、フォームに癖やごまかしが染みついていくものです。そこで、片手打ちを行えば、フォームの乱れが如実に表れてきます。正しい打ち方を定着させるためにも、片手打ちの練習を習慣にしてみてはいかがでしょうか。

2017-02-20 00:00:00

正しいフォームが身につく片手打ちの練習

thum tsuyoshi_c4c

ゴルフの初心者でも、少し練習すれば、ボールは前に飛ぶようになります。しかし、それと正しいフォームで打てているかどうかは、別問題です。ひどい手打ちでも、とりあえずボールは飛んでいきますから、自分のフォームの悪いところには、なかなか気がつきません。ところが、片手打ちになると、勝手が違います。全身を使って正しいフォームで打たないと、ボールは全然前に飛ばないし、当てるのすら困難です。逆に言えば、片手でボールが飛ぶようになれば、正しいフォームに近づいている証です。そのシンプルさゆえに、片手打ちの練習は、プロ選手をはじめ、多くの人に取り入れられています。

片手打ちのコツは体の回転

thum mana_uo.ou

初心者がゴルフの片手打をした場合、両手打ちの時のような大きなスイングでは、なかなかボールに当たりません。慣れるまでは、ハーフスイングで練習するのがよいでしょう。まずは、飛ばすよりもクリーンヒットを意識してクラブを振ります。ただ、片手だと力が弱いので、小手先の加減でボールを当てようとしても上手くいきません。ミートさせるには、体の回転をうまく使う必要があります、そのためには、脇にタオルを挟み、腕を自由に動かせないようにして、体の回転だけで打つ練習が有効です、続けている内に、回転で打つとはどういうものなのか、理解できるようになります。

右手の力みを取り除く左打ち練習

thum kazuki_tucci

右利き右打ちの場合、スイングを主導するのは、左腕です。右手は補助的な役割にすぎません。ところが、日常生活では、右腕の方が使いなれているので、無意識の間に、右手主導で打とうとしてしまいます。それが、スイングの乱れとなって、ダブリやシャンクなどのミスを誘発します。そこで、左手の片手打ち練習が有効になります。左手一本で普通に打てるようになれば、自然と右手の力みが消えていきます。まずは、ウェッジで練習し、慣れてくれば、番号を上げていきましょう。7番アイアンくらいで普通に飛ばせるようになると、両手打ちのスイングも安定してくるはずです。

ボールを押し出すイメージが大切な右打ちの練習

thum colmmoriartygolf

左手がスイングを主導するのに対して、右手は力でボールを押し出す役割を担っています。インパクトの瞬間まで、右手は添えるだけで、決してスイング自体をコントロールしようとしてはいけないのです。それ故、右手打ちの練習をする時は、ボールを飛ばそうとか当てようとか、余計な考えは捨てなくてはなりません。意識すべき点は、ダウンスイングの間、右ひじを曲げたままにしておいて、インパクトの瞬間にボールを押し込む形でひじを伸ばすイメージです。そして、左右で思うようにスイングができるよういなれば、両手打ちの技術も大幅に向上しているでしょう。

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「スコアが安定する!傾斜地からのアプローチショットの打ち方 」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1084/

2.「初心者必見!ゴルフの「チャックリ」ってなに?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1126/

3.「アプローチショットでバックスピンをかける4つのポイント」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1138/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

レッド

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る