thum pommepoomie

thum pommepoomie

飛距離がグンとアップ!ゴルフのツイスト打法とは?

ツイスト打法は、体力に自信が無い人や高齢の人などでも簡単に飛距離が伸ばせる打法です。特にいくつになってもゴルフを楽しみたい高齢プレーヤーにはマスターして欲しい打法です。

2017-02-20 00:00:00

ツイスト打法ってどんな打ち方? golfplus

thum glennjarvisgolf

ツイスト打法とは、インパクトの直前でスイングフォームにブレーキをかける打法です。もともとはプロ野球選手の白井一幸選手が名付け親といわれていて、野球のバッティングにておこなっていましたが、片山晃プロがゴルフに取り入れたようです。ツイスト打法をもう少し詳しく紹介すると、インパクトの瞬間に、一瞬逆動作をかけます。すると、ゴルフクラブが慣性の法則にて前に進む力を利用してボールを前に飛ばす方法です。この打法をマスターすれば、体に無理な力を入れることがなく、飛距離も格段に伸ばすことができるのです。

手でブレーキをかける golfplus

thum kohei_kashimoto

インパクトの瞬間に一瞬逆動作をかけてブレーキをかけるのに意識すべきなのはまず手です。右手と左手が違う動きをしていることを少し意識してみましょう。特に意識すべきは、右利きの人であれば左手でしょう。ダウンスイングの時に車のハンドルを左に回すようなイメージでスイングすると、左手を返す動作を早めに開始することができ、インパクトの瞬間を感じやすくなります。簡単に言うと左手を返すイメージを強く持ってスイングするとうまくいくことが多いです。インパクトの瞬間に右手を左手が追い越す瞬間があります。そのときにスイングを一瞬止めるイメージです。

下半身でもブレーキをかける golfplus

thum jasonwlindsay

足腰でもツイスト打法を取り入れると、飛距離はさらにアップします。特に足を意識してスイングしてみると良いでしょう。おのずと腰にもツイスト動作が行われます。イメージとしては左軸のままでスイングする感じです。下半身の動きを一瞬止めるためには、インパクトの直前に左ひざを伸ばします。この動作がきっかけとなって、腰の動きがブロックされ、腰の動きが一瞬止まるのです。イメージがつかめるまでは、ゆっくりとスイングしながら足と腰の動きを確認してみると良いでしょう。

効果的な練習方法 golfplus

thum louballs77

ツイスト打法を練習するには、二つの方法があります。まず、ドライバーを持って体の真ん中にたて、肘を少し曲げます。ドライバーを動かさないようにバックスイングして、しっかりと肩を回して左ひざを前に出します。ダウンスイングの際に一気に左ひざを伸ばして腰の動きをブロックするのです。二つ目の方法は、両足をいつもより広めのアドレスをとり、両腕を広げます。両腕を右側に回転させると同時に腰を左側に回転させます。逆の動きも試してみて、交互に繰り返している打ちにツイストのイメージがつかめてきます。

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「頭で理解すると上達が早い!?ゴルフのスイングが難しい理由を知る」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1071/

2.「飛距離を伸ばそう!ゴルフスイングで重要な遠心力を活用するテクニック」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1181/

3.「ゴルフの基本ショットを学ぼう!レベルスイングを習得する重要性」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1197/

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG ゴルフ 飛距離アップ ツイスト打法
thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

レッド

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る