thum songsofjulian

thum songsofjulian

バンカーで大活躍!ゴルフクラブのサンドウェッジ、特徴は?

サンドウェッジはロフト角が大きくバンカーからの脱出に大きく役立ってくれる心強いクラブです。その特性をきちんと理解して正しく使用すれば、グリーンへのアプローチもきっとうまくいくようになるでしょう。

2017-02-20 00:00:00

そもそもサンドウェッジとは?

thum 5h0c

ゴルフをこれから始める人のために、サンドウェッジとは何なのかを説明しておきましょう。それは、バンカーにボールが入ってしまった時に、バンカーでのショットを目的としたクラブです。バンカーは砂なので、砂の上でショットしやすいように設計されています。また、バンカーはくぼみになっており、くぼみからボールを出しやすいようなショットが打てるのも特徴です。ゴルフコースにはクラブを14本持ち込むことができますが、バンカーにボールを入れてしまうことは必ずあり得ることなので、サンドウェッジは必ず用意しておくべきクラブです。

サンドウェッジと他のウェッジの違いは?

thum juanchojaramillo

サンドウェッジと他のウェッジとの違いとしては、ロフト角が異なります。ロフト角とはクラブヘッドを横から見た時にどのくらい寝ているか、(上を向いているか)を示す角度です。サンドウェッジの場合はこのロフト角が他のクラブと比較すると大きいです。つまり最も、フェースが寝ているクラブです。そのため、ボールを上に打ちやすくバンカーからの脱出に大きく役立ってくれます。もう一つ異なるのが、バンウス角です。この角度はクラブをソールした時に地面の角度とクラブのソール部分の角度の差の角度です。この角度を大きくすることで、バンカーショット時にクラブが砂に潜らないようになっています。

バンス角が出っ張っているのが特徴

thum alhmp60

サンドウェッジはバンス角が大きいですが、ソールを横から見ると三角形に見えるくらいに地面方向に出っ張っているのも特徴です。そのため、ボールを打とうとした時に、ボールより手前で地面と接触します。つまり、ダフってしまうわけです。サンドウェッジはあえてダフらせるクラブであるといえます。このダフりの効果で砂とボールを一挙にたたくことで、ボールを速やかにバンカーから脱出させられるのです。サンドウェッジを使用したバンカーショットは直接ボールを打つよりも、砂ごと打つイメージで打った方がうまくいくのです。

バンカー以外で使うことも

thum alec_cook

もともと、サンドウェッジはバンカーで使用することを前提に設計されたクラブです。しかし、バンカー以外で使用することは、ゴルフのルール上もマナー上でも問題ありません。意外とバンカー以外でもサンドウェッジが威力を発揮する時があります。サンドウェッジでロフト角が大きいことが説明しましたが、フェースが寝ている分、ボールを上に上げやすいのです。たとえば、深いラフに入ってしまった時などは通常のクラブを使用するとボールが前に進まないこともあります。そんなときには、サンドウェッジを使用するとうまくいくこともあります。

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「初心者必見!ウェッジのバンス角を知っておけばスコアアップにつながる!」
http://golf-plus.jp/articles/detail/640/

2.「初心者必見!ゴルフクラブの種類(ウェッジ)」
http://golf-plus.jp/articles/detail/213/

3.「初心者必見!ゴルフクラブのバランスってなに?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/598/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

レッド

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る