thum mygolfstore

thum mygolfstore

ゴルフ上達の近道はギア選びにあり!

ゴルフギア選びは、どの種類のクラブを購入するにしても自分に合っていることが一番です。自分に合っているかどうかは、ドライバ・アイアン・パターなどギアの種類ごとで異なるので、ポイントを抑えて自分に合ったクラブを見つけてみてはいかがでしょうか。

2017-02-20 00:00:00

ドライバーの選び方

thum piasottawa

ゴルファー同士の会話でよく使用される「ギア」とは、主にクラブセット一式を指す言葉です。「ギア」は主にクラブセットを指す言葉ですが、時には「ボール」や「手袋」などの話をする場合にも、使用されることがあります。

「ギア」の中でも特に重要な道具の一つがドライバーです。ドライバーは自分に合った重さや長さのモデルを使用することで飛距離アップや方向性の安定を手に入れることができます。また、全14本のクラブの内、ドライバーで使用する「シャフト」はどんなタイプのものを使用するかが、とても重要です。

ドライバー用のシャフトは通常、長くなれば長くなるほど、より強い遠心力が働くため、飛距離が伸びます。ただ、アマチュアの場合、少しでも遠くへ飛ばそうという意識が働いてしまうため、振り切れないほどの長さや重さのシャフトを使ってしまっている方が多いのが、現状です。

ドライバーの総重量は、5番アイアンの総重量の80g~100g前後の重さが適正値です。もし、この適正値を上回るほどの重さのドライバーを使用している場合は、シャフトが少し自分には合っていない可能性があります。

そういった場合は、ゴルフショップなどで異なるシャフトに付け替えるか、もしくはドライバー自体を買い直すといった選択に踏み切ってみても良いのかもしれません。(逆に少し軽すぎる場合は、グリップの付け根に鉛を張ることで適正値の重さに近づけることが可能です。)

ドライバーに使用されているシャフトは、アイアンよりも振り切れる範囲で極力短いシャフトを使用した方がクラブは振りやすくなります。また、身長が低めの方などは、短めのシャフトでもしっかり飛ばせる、高反発系のクラブヘッドを使用してみることをおすすめします。

アイアンの選び方

thum golfstore_bokskogen

アイアン選びで特に注意が必要なのが、どういったヘッド形状のモデルを購入するかというポイントです。アイアンヘッドにはキャビティ・マッスルバック・ハーフキャビティ・中空など、それぞれ異なる特徴があります。

それぞれの形状は、様々なゴルファーのスイング特徴を想定して製造されているため、自分の年齢やスイングに合ったヘッド形状のモデルを使用することが求められます。(例えば、中空やキャビティといったモデルはスイートスポットがマッスルバックハーフキャビティに比べ、広い。これは、毎回クラブフェースの真ん中でボールを捉えることができない月1ゴルファーや初心者などを想定して設計されています。)

アイアンは構えた時に安心感が得られるクラブヘッドのモデルを必ず購入するよう、心がけましょう。また、構えた時にボールの軌道やイメージしやすいモデルでなければ、コースで使用する際に、必ずといっていいほど、違和感を感じることになります。

その他、アイアンを選ぶ際はシャフトの「重さ」や「硬さ」が自分に合っているかどうかも重要なポイントの一つです。アマチュアの場合、振り切れなかった場合のミスを避けたいがために、シャフト重量が軽めで柔らかいシャフトを選んでしまいがちです。

ただ、アイアンは基本的に自分のヘッドスピードで振り切れる範囲で重く、硬めのシャフトを使用するのが正解です。軽くて柔らかいシャフトは、購入直後はとても振りやすく簡単にボールを飛ばせるので満足感がありますが、使い慣れてしまうとシャフト先端の動きを自由にコントロールできなくなるため、ボールの方向性が定まらなくなってしまいます。

アプローチ用クラブの選び方

thum golf_store

アプローチ用クラブには、ピッチングウェッジ、アプローチウェッジ、サンドウェッジなどの種類がありますが、「高く上げてピンに寄せたい」と思うのか、「弾道は低くてもしっかりスピンをかけたい」など、用途に合わせて自分が最も使いやすいと感じるモデルを選ぶのが、最も正しいクラブ選択の基準となります。

サンドウェッジはアマチュアの場合、ロフト角を基準に選ぶ方が多いですが、ロフト角が大きくなるとバウンス角は小さくなっていく傾向があるため、バウンス角を使ってボールを高く上げなければならないバンカーショットは難しくなります。

そういった理由もあり、初心者の場合は基本的にビッチングウェッジ・アプローチウェッジ、サンドウェッジのロフト角は4度刻みになるように選ぶことをおすすめします。その他、ウェッジに使用するシャフトはアイアンシャフトよりも少し重たいものを使用すれば、手首の余計な動きを制限できますし、ゆっくりとリズム感を持って振れるため、アプローチも簡単に寄せられるようになります。

パターの選び方

thum caddystash

14本のクラブの中で、最も選ぶのが難しいのがパターです。パターは打った時の打感や構えた時の安定感など、人それぞれの感覚によって好みが別れるクラブです。パターはできることなら、数多くのパターを試し、自分の感覚に合った最適の一本を見つけるのが最も良い方法ではありますが、初心者の方が最初にパターを買う場合は、まずはヘッドが大きめで直進性が高い「ネオ・マレット」タイプのパターを購入することをおすすめします。

その他、パターは最適な長さのシャフトが挿入されたものを購入することが大切です。パターはアドレスの姿勢を取ったまま、両手をさらりと下げた時に手首がパターのグリップエンドから1インチ下がったところにくる長さがちょうど良いといわれています。

特に海外直輸入モデルなどを購入する場合、34インチや35インチなど、欧米人の規格に合わせて製造されているものも数多く流通しているため、日本人向けの33インチや32インチといったモデルを購入するように気を付けましょう。

最近は、パターグリップの「太さ」にも注目が集まっています。クリップは太くすることで手首の余分な動きを抑制できる効果があるため、購入した際に装着されているグリップに少しでも違和感を感じた時は、思い切って付け替えてみるといった方法を試してみるのも良いでしょう。

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「初心者必見!おすすめのゴルフクラブのセッティング」
http://golf-plus.jp/articles/detail/208/

2.「軌道が変わる!?ゴルフクラブの鉛の貼り方」
http://golf-plus.jp/articles/detail/969/

3.「徹底比較!メンズ(男性用)とレディース(女性用)のゴルフクラブの違い」
http://golf-plus.jp/articles/detail/98/

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG 上達 近道 ギア選び
thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

レッド

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る