thum j4mj4y

thum j4mj4y

こんなときどうすれば?ゴルフで池ポチャした時の対応まとめ

ゴルフで池ポチャの対応をしっかり把握しておくことは、慌てずに冷静にコースを回るために不可欠な知識と言えます。難しくてもルールを知っておく事で、周りにも迷惑をかけずに済みますので池ポチャの時のルールをご紹介します。

2016-05-01 09:28:45

池ポチャでも焦らない

thum horne_ron

ゴルフのコースに出ると、当然ミスショットがつきものです。

特に初心者のうちは、練習通りに上手くいかないことに焦りを感じたり、とんでもない方向にボールが飛んでしまうと、スコアメイクどころではなくパニックになってしまったりすることもあるでしょう。

それぞれの状況に応じて、対処方法を事前に考えておくことは大切ですが、中でもコースに出るからこそ体験できることでもある、池ポチャしてしまった時の対処法について考えておきましょう。

池ポチャしても冷静に杭の色を確認しましょう

thum jazzjoe_de

池ポチャで困るのはボールが無くなることです。池の中に入って拾うことは不可能なことも多いでしょう。

あまりにもそれでパニックになってしまったり、対応にもたついてしまったりすると、一緒に回っている仲間にも迷惑をかけてしまいます。

そこで、ゴルフで池ポチャの対応をしっかりと把握しておきましょう。

まず、池ポチャしてボールが無くなってしまっても、失格にはなりません。そのまま退場になるわけではないですので、まずは落ち着きましょう。

落ち着いて、まずは池の周りを見てみましょう。そうすると、池が赤の杭で囲まれているか、黄色の杭で囲まれているか、どちらかがわかると思います。この杭の色が大事です。

杭の色には2種類ある

thum masatoshi4201

赤い杭の場合は、ラテラルウォーターハザードと言って、対処法は4つあります。

すべて一打罰で打ち直しになりますが、まずは、元の場所から打ちなおす事で対処できます。一打罰ながら、先ほどの池ポチャのことはとりあえず忘れてプレーを再開できるのです。

また、池に落ちた地点からグリーンのピンを直線で結んだ後方からドロップして打つ事ができます。

3つ目に、池に落ちた地点のいけのふちからクラブ2本分にドロップする事です。

4つ目に、池に落ちた淵の対岸でクラブ2本分にドロップすることです。

もし目に入る杭の色が黄色の場合、それはウォーターハザードとよばれるものです。

この場合も1打罰ですが、対処方法は2つです。

一つ目は、元の場所から打ちなおす事です。

もう一つは、池に落ちた場所から、グリーンのピンを直線で結んだ後方からドロップして打つ事です。

ラテラルウォーターハザードよりは対処方法が減ると覚えておきましょう。

細かいルールを覚えきれない場合には、池ポチャしたらとりあえず1打罰で打ち直しと考えておいてもよいかもしれません。

いずれにしても、池ポチャはそれで終わりではありません。気を取り直して、前向きにやり直しましょう。

ゴルフのルールを覚えましょう

thum rayreef68

このようにゴルフには一見複雑と思えるルールが多数存在します。

池ポチャの対応の仕方もそうですが、単純に1打罰で打ち直しではなく、打つ地点を選ぶ事の出来る自由も与えています。

このように、1打罰にはなるもののプレーヤーが巻き返す余地が無くならないようなルールにもなっているのです。

初心者のうちは、ある状況下での対処法を一つだけ覚えておくことも大切ですが、技術の向上を目指すのと同時に細かいルールも覚えておきましょう。

しっかりルールを把握していれば、ピンチな局面でもチャンスに変えることすらできるかもしれません。

また、複数人でプレーする際には、基本的なルールを知っておくことはマナーの一つでもあります。技術と知識の両面で熟達していきましょう。

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る