thum kj_tokyo

thum kj_tokyo

神奈川県で人気のゴルフ場ってどこ?

神奈川県といえば、箱根や湯河原などリゾート観光目的の古いコースが多いイメージですが、都心に隣接した近郊エリアにも、回りたくてもなかなか回れない名門コースが数多く存在します。そんな神奈川県の人気コースをいくつか紹介します。

2016-03-29 12:26:23

相模原ゴルフクラブ

thum 相模原ゴルフクラブHP

相模原ゴルフクラブは1955年に小寺酉二氏の設計で、現在は東のINコースとして使われている「9ホール」を使って開業します。「東コース」全体は1957年完成し、1960年には村上義一氏の設計で「西コース」18ホールが増設され、現在に至っています。150万平方坪の雄大な敷地内に広がる36ホールズは林間コースで、各ホールは樹齢を重ねた豊富な樹木にキッチリとセパレートされています。

東コースはフラットですが、距離もあってフェアウェイも幅が広めです。名物ホールは12番のロングホールで、どのティーからスタートしても600ヤードの道のりを攻略しなければならず、大きなグリーンが特徴です。

西コースは ゆるやかなスロープに加えて、場所によっては谷があり、フェアウェイが独特のうねりがあります。グリーンも複雑なアンジュレーションがあって、周囲には深さのあるガードバンカーが待ち構えています。西コース10番のガードバンカーは深いため、注意が必要です。16番は、フェアウェイのセンターに松があり、数々のドラマを演出します。

クラブハウスは落ち着いた雰囲気があり、来場時やクラブハウス内に滞在時は上着の着用が必須となります。

平成25年に東コースで日本女子オープンが開催され、日本オープンゴルフ選手権は3度の開催実績があります。

箱根カントリー倶楽部

thum 箱根カントリー倶楽部HP

赤星四郎氏設計で昭和29年開場した丘陵コースです。
コース全域が富士箱根伊豆国立公園内にあり、1,000m級の山々に囲まれた、雄大な360度のパノラマコースは感動的なロケーションです。コース内の各所には灌木が繁り、ブルドーザーも使っていない手作りコースなで何回廻っても飽きのこない、豊かな独自性が魅力です。

各ホールとも距離が長めで、プレーヤー泣かせのフェアウェイバンカーがプレーヤーのティショットに方向性を求めます。名物ホールは早川の沢を越えて打つ豪快な打ち下しホールの12番、外輪山の裾野にのびたフェアウエイの大きくうねった15番、ティショットの落下地点付近に蓮の花と呼ばれる4個のフェアウエイ・サイドバンカーが配置された17番などが有名です。各ホール大きな横長、縦長のグリーンが多いため、その日の天候やピンポジションによって攻め方も大きく変わってきます。

相模カンツリー倶楽部

thum 相模カンツリー倶楽部HP

1931年に赤星六郎の設計で開場した林間コースです。
18万坪という敷地面積の狭さを感じさせないため、通常のコースより2~3割はバンカーが多く設置されています。フェアウェイはややフラットで一見すると、やさしそうに見えますが、コースは松林にセパレートされており、左右の松林は密集していますので、フェアウェイの幅はとても狭く感じてしまいます。ガードバンカーも深めで、グリーンは亀甲形です。

相模カンツリー倶楽部は高いフェアウェイキープ力と正確なアイアンショットが要求されます。グリーンはペンクロス、サウスショアの2グリーンで井上誠一氏が戦後2グリーン化したのが現在も受け継がれています。物ホールは、左クロスバンカーの山並み、グリーンの背後には優美なクラブハウスがあるアウトコースの5番で左クロスバンカーを見ながらのバンカー越えにチャレンジすることができます。

18番ホールや4番ホールのフェアウエイから見るクラブハウスの佇まいは定評があります。広い緑青の屋根をコース側にやや傾けて見える姿がクラシックな雰囲気を持つコースにぴったりな印象を見る者に与えてくれます。

戸塚カントリー倶楽部

thum 戸塚カントリー倶楽部 HP

戸塚カントリー倶楽部は1961年に間野貞吉氏の設計で東コースが開場します。
翌年の1962年には井上誠一の設計で西コースがオープンし、36ホールの丘陵コースで現在の形となります。各コースは自生している松の木や桜など約2万本にも及ぶ豊富な樹木に囲まれ、丘陵地のなだらかな地形に配されたコースです。

東コースは距離的には楽ですが、池やマウンドなど自然地形を活かしたコースレイアウトでトリッキーなコースです。アイアンショットは多少のコントロール精度が求められます。

西コースは東コースに比べて比較的、距離が長めでホールによっては多少のアップダウンがあります。グリーンの周りには大きなバンカーが待ち構え、正確なショットが要求されるコースです。グリーンはベントの2グリーンで、名物ホールは5番のショートホールで池超えのティショットがプレーヤーを悩ませます。

クラブハウスは落ち着いた雰囲気で132席のレストランは窓から東・西の両コースを眺めることができるパノラマビューを楽しむことができます。

2005年には日本女子オープンが西コースで開催された他、2008年から2012年までは男子の「キャノンオープン」が開催されるなど有名トーナメントの開催実績も豊富です。

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る