thum Orlandogolfguru

thum Orlandogolfguru

徹底比較!パターの「ピン型」と「マレット型」の違い

ゴルフクラブを購入しようと考えている方にとってパターの「ピン型」と「マレット」型の違いは気になるポイントなのでは?双方とも異なる違いがあるので、自分の経験やプレースタイルに合わせて使い分けることが大切です。

2017-02-20 00:00:00

プレースタイルに合わせたパター選びを

thum Discountteetimes

ゴルフを趣味として新しく始めた方、ずっと長年続けている方、または、しばらく中断していたけど久しぶりに再開しようと考えている方もそれぞれクラブに対する悩みがあるのではないでしょうか?

どのような場合の方でも、ゴルフクラブ選びは基本的に楽しいものです。中でもパター選びは本当に面白く、店頭で好みのパターを手に取り、色々と試しながら自分にあった最適の一本を見つけ出す作業はまるで宝探しのようです。

楽しい悩みでもあるパター選びの中でも、特に気になるのが「ピン型」と「マレット型」の違いです。今回はこのテーマを取り上げ、それぞれのパターの特徴やフィッティングについて少し考えてみましょう。

-----
▼ゴルフグッズをお得に買うならamazon.co.jpがおすすめ
1. amazonで購入できるゴルフ関連全カテゴリをチェックする
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ用品、ゴルフ用具全カテゴリまとめ

2. タイプ別のおすすめゴルフボールをチェックする。
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ用品-ゴルフボールタイプ別紹介

3. 消耗品をamazonでまとめ買い
https://www.amazon.co.jp/消耗品一覧

4. ラウンド必須アイテムをチェックする
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ必須アイテムまとめ

「ピン型」タイプのパターの特徴

thum ur_next_putter

ピン型パターはマレット型のパターに比べ、パターの重さが軽く、操作性に優れています。面長のヘッド形状はターゲットに対して目標を合わせやすく、狙いやすいからです。

最近のモデルはヘッドの重量バランスをトゥ側とヒール側にバランスよく配置されたモデルが多く、スイートエリアはやや大きめです。

「ミスには強い」とされ、バランスのとれた万能タイプのパターですので初心者はまずは、ピン型を使い、その後、自分に合った他のタイプのパターに興味を移していくのがオススメです。

ピン型パターは、ボールを目の真下のやや外側の位置に置いて使います。イン・トゥ・インの軌道で前腕筋を使い、コンパクトかつ強めにボールを打つゴルファーとの相性が抜群です。

「マレット型」パターの特徴

thum matze_24

「マレット型」のパターはヘッドが大型なので、ターゲットに対して自分のスタンスの向きを把握しやすいです。また、ピン型パターに比べ、重心が深めなので、少しぐらい芯を外しても距離はそれほど落ちません。

ストロークした時の縦の距離感のブレが発生しにくく、ヘッドの重さで距離を出すことができます。ヘッドが重い分、軽く打ち出すだけでもボールがよく転がり、ロングパットの距離も出しやすいという特徴があります。

自らの感覚でコントロールするのではなく、パターの重さで縦の距離感を上手くコントロールしたいといった方におすすめです。肩を振り子のように使い、大きなテークバックでゆったりとストロークするのが得意なゴルファーに向いているパターです。

歴史的な大ヒット、「マレット」パターとピンパターの歴史

thum Golfscene

90年代後半、米オデッセイ社からマレットパターの2ボールパターが発売され、パッティングスタイルがピン型に合わない人やショートパットが苦手な人を中心にマレット型の人気が一気に高まりました。

最初は使用をためらっていたアマチュアもプロ選手がマレット型で結果を出すという選手が現れはじめた事をきっかけに、続々とピン型からマレット型に移行する人が増えていきました。

一方、ピン型パターの始まりは米ピンゴルフ社の創業者、カールステン・ソルハイムが開発したピン・アンサーがピン型パターの元祖とされています。ピン・アンサーの開発以降、世界のゴルフメーカー各社の研究によってピン型パターのスイートスポットは大きく広がって、ますます、優しいパターになってきています。

最後は自分の感覚に本当にフィットするパターを

thum Toulondesign

「ピン型」と「マレット型」にはそれぞれ、魅力と特徴があります。最終的には自分のパッティングスタイルに合わせて、最も気に入ったものを購入するようにしましょう。

現在、パッティングスタイルの主流は大きなテークバックとゆっくりとしたリズムが特徴的なストローク式が多く、コンパクトなスイングでボールを弾いていくタップ式スタイルは少数派だと言われています。

この2つは、ピン型よりもマレット型を店頭で見かける機会が多くなり、グリーンの芝の種類がピン型との相性が良いとされてきた高麗グリーンから、マレット型と相性の良い高速で大きめのベントグリーンを採用するコースが増えてきたからなのかもしれません。

クラブ選びもゴルフの醍醐味の一つです。ぜひ、最適な一本を見つけられるよう、いろいろなパターを試してみてはいかがでしょうか。

-----
▼ゴルフグッズをお得に買うならamazon.co.jpがおすすめ
1. amazonで購入できるゴルフ関連全カテゴリをチェックする
https://www.amazon.co.jp/ゴルフ用品、ゴルフ用具全カテゴリまとめ

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「初心者必見!パターを選ぶときの4つのポイント」
http://golf-plus.jp/articles/detail/983/

2.「初心者必見!パターの4つの選び方」
http://golf-plus.jp/articles/detail/221/

3.「重い方が良い?パターの重さとストローク安定の関係」
http://golf-plus.jp/articles/detail/975/

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG パター ピン型 マレット型
All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る