thum mikimikilucky

thum mikimikilucky

山梨県で人気のゴルフ場ってどこ?

山梨県は富士の裾野に広がる絶景ポイントを中心に、名門コースがひしめき合うように数多く点在しています。ゴルフ場数は栃木県に次ぐ、国内第2位です。プロトーナメントの開催地としても、これまでに数多くのコースが選出されています。

2016-03-28 12:08:28

河口湖カントリークラブ

thum 河口湖カントリークラブHP

ロバート・ボーン・ヘギー氏の設計で1977年に開場した林間コースです。
山梨県の「河口湖のほとり」という最高の立地条件を活かし、富士山の美しい景色を望みながらのダイナミックなゴルフを満喫する事ができます。

総面積は180万平方メートルの土地に3コース27ホールが配置されていて、フェアウェイの側には四季折々に変化する自然の花木が咲き誇り、プレーヤーを楽しませてくれます。

全体的にアップダウンが激しいコースは、それぞれのホールが赤松や唐松により完全に分離されていて、バンカーやドッグレッグも悩ましいレイアウトになっているので、ベテランクラスのプレーヤーであっても、簡単に攻略することは困難です。

クラブハウスは洋風建築で、内装は欧米の雰囲気漂うコテージ風の作りとなっており、コースとの一体感は素晴らしいものがあります。

鳴沢ゴルフ倶楽部

thum 鳴沢ゴルフ倶楽部HP

塩田勇昭氏の設計、ブライアン・ジョーンズの監修で1993年に開場した林間コースです。過剰な演出・人工的な装飾は極力抑えられ、自然の持つ造形美が活かされています。

各ホールは赤松と白樺の林に完全に分離されていて、フェアウェイは広く、高低差が少ないのが特徴ですが、要所に池が上手く配置されているため、正確な方向性のショットが求められます。

名物ホールは富士山向かってショットする池越えのショートホール8番とグリーン全体が浮き島にも見えるホールロングホールの18番です。また、標高1100mに位置するコースのため、夏でも爽快なゴルフを楽しむことができます。

富士桜カントリー倶楽部

thum 富士桜カントリー倶楽部HP

志村和也氏の設計で1974年に開場した丘陵コースです。
ほとんどのホールから雄大で華麗な富士を望むことができるロケーションの良さに加え、巧みに配されたバンカーや微妙なうねりを見せるフェアウェイとグリーンのアンジュレーションは高い戦略性が求められます。

全長7500ヤードの日本屈指のロングコースは、各ホールが自然の赤松やカラマツによってセパレートされています。名物ホールはティグラウンド前の池に映る「逆さ富士」を観ることができる6番ホールや戦略性が高く、松と池に囲まれた9番ホールなどが有名です。

男子プロトーナメント「フジサンケイクラシック」開催コースとしても知られ、4月下旬には約2万本の富士桜が満開となります。

トーナメントコースならではの芝への強いこだわりから、グリーンには日本では数少ない「A2」、フェアウェイには「L93」が使用されています。

クラブハウスは日本の伝統を取り入れた平安朝風で、どこをとっても格式と伝統を感じさせてくれる気品を備えています。

メイプルポイントゴルフクラブ

thum メイプルポイントゴルフクラブHP

ピート・ダイ氏設計で1994年に開場した林間コースです。
変化に富んだ18ホールは何度プレーしても飽きのこない戦略性に富んだゴルフコースでビギナーからベテランまでそれぞれの技量に応じた楽しみ方ができます。

名物ホールはセカンド150ヤード地点から、右側に長いデッキバンカーが走る6番のミドルホールと挑戦意欲を掻き立てられる18番のロングホールです。

クラブハウス内の内装は絵画や彫刻、タペストリーなどが丹念に吟味して配置され、ゴルファーの真のくつろぎのための徹底したこだわりが感じられます。

人家や鉄塔が殆ど見えない恵まれた大自然とコースが見事にマッチし、本格的なトーナメントコースとして、これまでに男女ともにプロ競技が開催された名門コースです。

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG 山梨県 人気 ゴルフ場
All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る