thum

thum

スコアが安定する!傾斜地でのアプローチショットの打ち方

傾斜地でのアプローチショットが苦手な人もいるのではないでしょうか?グリーン周りには様々な傾斜があり、傾斜の特徴によって打ち方が変わります。今回は、傾斜地でのアプローチの打ち方をまとめました。

2017-02-20 00:00:00

1. 左足上がりの傾斜でのアプローチ

thum

グリーン周りには様々な傾斜があり、傾斜の特徴によって打ち方が変わります。左足上がりの傾斜の場合、構えを崩さないために傾斜に沿ってアドレスします。

左足上がりの傾斜では、インパクトでボールを下から上に打ち上げがちになりボールが高く上がります。ボールの高さを抑えるため、アドレス時のボールの位置を両足の真ん中にします。また、アドレスした時グリップを短く持つことで、小回りのきくスイングができ、傾斜からもスムーズにボールを打てます。

2. 左足下がりの傾斜でのアプローチ

thum

左足下がりの傾斜からのアプローチは、ボールの後ろが高くダフリやすいため、非常に打ち難いです。また、ミスせず打てたとしても、ボールが上がり難く、低く飛び出して止まりにくい、コントロールの利かないショットになりがちです。

左足下がりの傾斜では、傾斜に沿って立ち、バランスを崩さないようにスタンス(両足の位置)を広めに取って構えます。また、ボールを上げるために、アドレス時のボールの位置は両足の真ん中~左足寄りにします。

3. つま先上がりの傾斜でのアプローチ

thum

つま先上がりの傾斜では、水平な地面でスイングするときよりフェースが左を向きがちで、ボールが左に飛びます。

つま先上がりの傾斜では、地球に対して垂直になるように立ち、目標よりわずかに右方向を向いて構えます。その際、ボールと体の距離が水平時より近いのでグリップを短めに握り、ボールを両足の真ん中に置きます。

右方向を向くことで左にそれるボールの軌道を修正でき、狙った場所にアプローチできます。また、グリップを短めに握り、ボールを両足の真ん中に置くことで、傾斜により変わったボールと体の位置関係を修正でき打ちやすくなります。

4. つま先下がりの傾斜でのアプローチ

thum

つま先下がりの傾斜でのアプローチは、普通にアドレスするとボールが遠く、うまく打てません。そのため、つま先下がりの傾斜に慣れていない人は、上体を曲げてボールを打とうとし、手打ちになりがちです。

つま先下がりの傾斜では、スタンスを広くし、膝を深く曲げて重心を落とすことで、ボールとの位置関係を調節しボールを打ちます。スタンスを広くすることで下半身が安定し、膝を曲げることでボールとの距離を近くします。スイング中に両膝の高さを変えないことで、傾斜でも体の回転を使ったスイングができます。

傾斜からのアプローチは難しいですが、ラウンドすると避けられません。傾斜からのアプローチをマスターして、スコアアップを目指してみてはいかがでしょうか?

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「スコアが安定する!傾斜地からのアプローチショットの打ち方」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1084/

2.「初心者必見!ゴルフの「チャックリ」ってなに?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1126/

3.「アプローチショットでバックスピンをかける4つのポイント」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1138/

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る