thum orlandogolfperformance

thum orlandogolfperformance

飛距離アップ!ゴルフのスイングに必要な筋肉とは?

ゴルフのスイング中は使う筋肉と力を入れてはいけない筋肉があります。ゴルフに必要な筋肉を鍛えるとスイングが安定し飛距離アップを狙えます。今回は、ゴルフのスイングに必要な筋肉についてまとめました。

2017-02-20 00:00:00

1. 使うべき筋肉と使っちゃダメな筋肉があるってホント?

thum albertmtx

ゴルフのスイングでは、力や筋肉を必要とする部分と力を入れない方が効率よく動かせる部分があります。筋肉は力を入れると緊張し、スピードが落ちるため、柔軟に動かしたい部分や素早く動かしたい部分は力を入れないことでスイングがスムーズになり、飛距離が伸びます。

一方で体を支える筋肉は、力を入れることでスイングが安定し、飛距離アップにつながります。体を支える筋肉を鍛えることで、より安定したスイングができ、飛距離アップを狙えます。

2. 使わない方が良い筋肉

thum proinvictus

スイング中に力まない方が良い部分は、上半身、両肩、両肘、両腕、手首です。これらの部分は、スイング中に大きく動くため、力むとヘッドスピードが落ち、飛距離ダウンにつながります。

スイング中に使わない方が良い筋肉に関しては、最低限度以上の筋肉は不必要です。ただし、握力が無くてスイング中にゴルフクラブがすっぽ抜けそうになる場合や、アドレス時腕がきつい場合などは、最低限の腕の力が足りていないので、腕を鍛えることで改善できます。

3. 鍛えるべき筋肉

thum shunsukemomose

スイング中に体を支える下半身や体幹の筋肉は、鍛えることでスイングが安定し飛距離アップにつながります。

下半身であれば、地面を蹴り体重移動を行うふくらはぎ、膝の高さを維持するための太もも、体の回転を支えるお尻などの筋肉を鍛えることでスイングしやすくなります。

上半身では、前傾姿勢を支える腹筋、スイング軸となる背中を鍛えることで体の回転を使ったスイングにつながり、飛距離アップを狙えます。特に背中の筋肉が足りなければ猫背になり、手打ちになりがちで、ミスショットが出やすいです。

4. 必要な筋肉の鍛え方

thum

筋肉を鍛える前は、必ずストレッチをし、体を柔軟にしてから筋肉トレーニングを行います。ストレッチをせずに筋トレを行うと、筋や腰を痛める危険があります。

下半身のトレーニングは、スクワットが一般的です。スクワットでは、太ももからお尻にかけて鍛えられます。また、上半身を効果的に鍛えるには懸垂が有効です。懸垂は、背中全体の筋肉と腹筋を鍛えられるのでおすすめです。

ゴルフに必要な筋肉をつけられれば、飛距離が伸び、スコアアップを狙えます。

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

カッキー

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る