thum golf1magazin

thum golf1magazin

初心者必見!フェアウェイバンカーでの打ち方

フェアウェイバンカーはフェアウェイの途中にあるバンカーで、アゴが低く、ボールを高く上げずに打てます。今回はフェアウェイバンカーから、砂の影響を受けず、飛距離を出す打ち方を紹介します。

2017-02-20 00:00:00

1. そもそもフェアウェイバンカーって何?

thum zzettolife

フェアウェイバンカーとは、ミドルホールやロングホールの2打目地点のフェアウェイ中にあるバンカーです。グリーン周りのバンカーと異なり、多くのフェアウェイバンカーはアゴ(グリーンの淵)が低く、ボールを高く上げずに打てます。

またグリーン周りのバンカーと異なり、フェアウェイバンカーはグリーンまでの距離が150ヤード~200ヤード残っている場合が多く、飛距離のあるショットが求められます。砂の影響で飛距離が出にくいバンカー内で、どうやって飛距離を出すかがポイントです。

2. どのゴルフクラブを使うべきか

thum whyilovethisgame_

アゴの低い、平坦なフェアウェイバンカーに入った場合は、必要な飛距離を出せるゴルフクラブより、1つか2つ大きい番手のゴルフクラブを使います。フェアウェイバンカーでは、砂の影響でボールが飛びにくいことに加え、足場が悪くフルスイングしにくいため、フェアウェイから打つより飛距離が落ちます。番手を上げ、飛距離が出やすいゴルフクラブを使って打つことで、狙った距離を稼ぎやすいです。

また、グリーンまで距離がある場合は、フェアウェイウッドかユーティリティーがおすすめです。フェアウェイウッドとユーティリティーは形状がドライバーに近く、アイアンよりソール幅が広いので、ゴルフクラブが地面に当たったときにミスショットが出にくいです。

3. 地面にゴルフクラブがつかないように構える

thum seankristal

ゴルフのルールにより、フェアウェイバンカーに限らず、バンカーではソール(構えた時ゴルフクラブを地面につけること)できません。ゴルフのルールは、意図的に地面の状態を変えることを禁じており、砂地をゴルフクラブで変えることを防ぐためバンカーショットでのソールを禁じています。

そのため、バンカーではグラブヘッドを浮かせた状態で構えます。その際、前傾姿勢を崩し上体を上げてクラブヘッドを浮かせると手打ちになりミスショットにつながります。前傾姿勢を変えず、わずかに両腕の肘を曲げてクラブヘッドを浮かせることで、ミスショットの出にくい構えになります。

4. 砂に触れないように打つ

thum proscratchgolfleague

フェアウェイバンカーからのショットでは、飛距離を落とさないために、できるだけボールとクラブヘッドの間に砂を入れないように打ちます。そのために、フラットスイングにし、ボールを払い打つことで砂の影響を受けないショットが打てます。

フェアウェイバンカーからのバンカーショットは、慣れればラフからのショットより飛距離を出しやすく、打ちやすいです。今回の記事をきっかけに、フェアウェイバンカーを克服して、スコアアップを狙ってみてはいかがでしょうか?

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

カッキー

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る