thum randycastaldi

thum randycastaldi

初心者必見!ラフからの打ち方の4つの注意点

ラフではボールやクラブフェースに芝が絡まり、打ち難いです。ボールがラフに入った場合、ボールの状態を確認し、正しい打ち方をすればリカバーできます。今回は、ラフでの打ち方の注意点をご紹介します。

2017-02-20 00:00:00

1. 1ボールの沈み具合を確認すること

thum thegolfcollege

ゴルフコースは、大きく分けてフェアウェイ、ラフ、グリーン、ハザード(障害物)で構成されます。芝が短く刈り込まれボールを打ちやすいフェアウェイと異なり、ラフは芝の高さにむらがあり地面が荒れがちなのでボールを打ち難いです。

ラフにボールが入った時、最初にボールの沈み具合を確認し、打ち方を決めます。ボールの状態に合わない打ち方はミスショットにつながるので注意が必要です。

ボールが半分以上見えているときはボールが浮いている時の打ち方をし、半分以上沈んでいるときは沈んでいる打ち方をします。

2. 2ボールが浮いている場合はフライヤーに注意

thum hot_licorice

ボールがラフに浮いている場合は、フライヤーに注意して打ちます。フライヤーとは、インパクトでボールとクラブフェースの間に芝が入ることでバックスピンが減り、意図したよりボールが飛んでしまうことです。

クラブをいつもより短く握り、ゆっくりスイングをすることでフライヤーを防げます。短く握り、スイングの速度を落とすことで、ヘッドスピードを落とせボールが飛びにくくなります。またヘッドスピードが速い人は、飛ばしたい距離より番手を1つ下げたクラブを使うことでフライヤーになりにくいです。

3. 3ボールが沈んでいる場合はクラブを強く握ること

thum ziga_____

ボールがラフに沈んでいる場合、いつもよりグリップを強く握り、ダウンブローに打つことを心掛けます。

ラフに沈んだボールは芝の抵抗を受け、ゴルフクラブを振り抜きにくいです。またゴルフクラブ自体も、スイング時に芝の影響を受けフェースの向きが変わりがちです。

フェースの向きを変えず、ゴルフクラブを振り抜くために、いつもより強くグリップを握ります。またダウンブローに打つことで、芝がゴルフクラブに絡みにくくなり、打ちやすいです。

4. 4ボールが深く沈んで、芝が逆目の場合は脱出を優先

thum epicgolfmemories

ボールが深く沈んで芝が逆目の場合は、非常に打ち難いため、とにかくラフから脱出することを優先します。芝生の向きが目標方向を向いているものを順目、反対方向を向いているものを逆目といいます。芝が逆目の場合、芝の抵抗が大きくなり、ボールが打ち難いです。

深い逆目のラフから脱出する場合、ピッチングウェッジまたはサンドウェッジを使い、ダウンブローに打ちます。短いアイアンを使うことでボールが上げやすく、ラフから脱出しやすいです。

ラフにボールが入った場合は、焦らずにボールの状態を確認して、最適な打ち方をすればリカバーできます。ラフへの対処を身につけて、スコアアップを目指しましょう!

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「ゴルフでハーフトップになる原因と直し方」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1132/

2.「初心者必見!ゴルフのフェースコントロール3つの基本」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1134/

3.「ゴルフ初心者は必見!ウソみたいにショットが安定する構え方」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1199/

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG ゴルフ ラフ 打ち方
thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

カッキー

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

ゴルフに興味を持ち始めた大学生です!練習してタメになったことやこれだけは覚えておきたいことなどをまとめます!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る