• ホーム > ゴルフの基本 > ゴルフの飛距離を伸ばすには習得しよう!捻転トレーニングの重要性

thum xnoellezoe

thum xnoellezoe

ゴルフの飛距離を伸ばすには習得しよう!捻転トレーニングの重要性

ゴルフで飛距離を伸ばしたいと思うならば力強いスイングが必要です。そのスイングを作るには、トップで体をしっかりと捻転させることです。余計な力を入れず、深く体を捻るように意識しましょう。

2017-02-20 00:00:00

上半身の捻転の動きとは

thum jiho_jang72

プロゴルファーのフォームを見ると、スイングのトップで体が深く捻れていることがわかります。しかし、ただ捻るだけでは力強いショットは打てませんので注意が必要です。トップの位置に向かって腰を十分にひねった後、肩甲骨を動かすことで自然と肩が体の後方へ向かって回転します。これが上半身の捻転の動きです。無理矢理ひねってしまうとトップの位置が安定せず、ミスショットの要因となりかねませんので、力は入れないようにして体の動きを意識しましょう。

上半身と下半身の捻転差とは

thum spro4004

腰を十分に回転させた後に上半身を捻転させると、腰と肩の間で捻転差が生まれます。この角度が大きければ大きいほどトップに力を溜めることができていることになりますので、力強いスイングができます。理想的には腰が45度、肩は90度と言われていますが、そこまで深く捻れなくても大丈夫です。自分のできる範囲でしっかりと捻転差が作れていればトップで力を溜めることができています。無理して捻ろうとすると余計な力が必要になり、かえってミスショットに繋がるので無理は禁物です。

自分の捻転具合を知るための方法

thum Ontourg

実際にどれくらい自分の体を捻られるかは自宅でも確かめられます。椅子に座り、クラブを持っているイメージで上半身をトップまで持って行ってみてください。そうすると、腰と肩がしっかりと捻れているのがわかるかと思います。その時の自分の姿勢を確かめてみてください。このとき、反動を利用して急に捻るのではなく、じわじわと動かします。そうすることで余計な力を入れずに自分の体がどこまで捻れるかがわかります。

日々の生活でできるトレーニング方法とは?

thum jayhowarthgolf

ゴルフにおいては、しっかりと体を捻転できれば力強いショットに繋がります。より深い捻転を手に入れるには腰の回転と肩甲骨の可動域がカギです。腰の回転では下半身がしっかりしていることと腹斜筋の働きが必要です。しっかりと下半身と脇腹を筋トレで鍛えましょう。スクワットや体を捻る運動を行うのが良いでしょう。肩甲骨の可動域についてはストレッチで肩周りを柔らかくするほかに、懸垂運動も有効です。タオルを両手で持ち、懸垂運動のような動きをすることで自宅でも鍛えることができます。

捻転トレーニング についてもっと詳しく知りたい方はゴルフレッスンへGO!

▼ golfplusレッスン検索サイトURL
http://golf-plus.jp/lessons/

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG 飛距離を伸ばす 習得 捻転トレーニング
thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

レッド

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る