thum Breannagillgolf

thum Breannagillgolf

飛距離を出すための練習!ゴルフにおける横振りの重要性

飛距離が求められるドライバーショットには、クラブを横に振るイメージが欠かせません。そのためには腰を回さないことが重要です。また、ドライバーとアイアンショット時に気持ちを切り替えて、縦振り・横振りを上手に使い分けることも重要です。バットを振るようにクラブを振りながら、上半身を曲げてアドレスするとうまくいきます。

2017-02-20 00:00:00

縦振りのスイングとの違いとは

thum bigmama_superstar

ゴルフには、横振りと縦振りがあります。基本的には、ドライバーは横振り、アイアンは縦振りといわれています。その違いはとってもシンプルで、打つ時のイメージの問題です。横振りは、野球のバットを振るようなイメージです。縦振りは、ボールを上から見据えて垂直に振り子のようにクラブを振るイメージです。ドライバーショット時に上手に横に振るイメージでクラブが振れていると、初心者にありがちなスライスを抑えることができ、飛距離も自然と伸びるようになります。

横振りの効果を最大限に発揮するには

thum deetleff_scholtz

横振りの効果を最大限に発揮するためには、腰を回転させないことにあります。腰をホールドすることで、しっかりとしたインパクトを感じることができます。おのずと、ボールがまっすぐと飛ぶとともに、飛距離も伸びてくるはずです。きちんと横に振ることをイメージしてスイングすると腰は回らないはずです。既に腰が回る癖がついてしまっている人は、コーチなどに腰を支えてもらいながらスイングしてみるのがオススメです。ショットをした後に、腰痛になるような人は腰が回ってしまっている証拠です。

縦振りと横振りを使い分けるテクニックとは

thum Yurawira

振り方の使い分けは、先にも紹介したとおり、ドライバーとアイアンで使い分けます。ドライバーでは横に振ることをイメージし、アイアンでは縦に振ることをイメージします。これは、シャフトの長さに起因していて、アイアンの中でも番手の小さい1番アイアンなどの場合は、横振りをイメージしたほうが、良いショットが打てることもあります。最終的には、シャフトの角度に見合ったスイングを行うことが理想的といえるでしょう。アドレスを取った時に、ボールと体の位置関係が、どちらをイメージしたほうが打ちやすいかを考えると判断がつけやすいです。

横振りの練習方法について
もっと詳しく知りたい方はゴルフレッスンへ!
レッスン検索はこちら!

▼ golfplusレッスン検索サイト
http://golf-plus.jp/lessons/

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「飛距離が伸びる?ゴルフのへそ打法ってなに?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1096/

2.「ショットが安定する!ゴルフスイングの最適なテンポとは」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1154/

3.「ゴルフのスイングに大切な脱力、具体的にどうやるの?」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1162/

KEYWORD/TAGKEYWORD/TAG 飛距離 練習 横振り
thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

レッド

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る