thum tatted__luciano

thum tatted__luciano

ゴルフ用品の維持費にはどんな項目が含まれる?

気持ちよくプレーするためには、用品の手入れが欠かせません。特に、クラブやシューズなどはプレー後のケアが大切です。グリップは半年に一度は交換を考えたいです。ちょっとした維持費をかけてケアするだけでスコアアップができるかもしれません。

2017-02-20 00:00:00

クラブは大切な相棒!定期的にクリーニング

thum toulondesign

ゴルファーにとってゴルフクラブをクリーニングすることは大切なことです。クリーニングすることで、ゴルフクラブを長持ちさせることはもちろんですが、ゴルフクラブの威力をいつも最大限発揮させることができるようになります。例えば、グリップ力がアップしたり、スピンが安定したりします。さらに、クラブを手放すときには高く買い取ってもらえるなどのメリットもあります。
クリーニングする上で最も力を入れるべきなのは、クラブをサビから守ることです。プレーの後は、しっかりとクラブを乾燥させてサビの原因を排除します。サビ止めのワックスを塗っておくことも有効です。サビが付いてしまった場合は、サンドペーパーで磨くことできれいになります。

グリップは消耗品?定期的なグリップ交換

thum toulondesign

クラブのグリップは、ショットを安定させるためにもとても大切なアイテムです。グリップの太さが変わっただけで、ショットが乱れてしまう可能性もあります。グリップは、使用している間に、若干ではありますが、すり減って細くなってきます。その若干の差が、スイングフォームを乱す要因になるかもしれません。交換のタイミングは、プレーの回数によりますが、半年に1回、長くとも1年に1回の交換を目安にしたいものです。グリップは300円から1000円程度で購入することができるため、維持費もさほどかかりません。

防水性を維持しよう!ゴルフシューズのお手入れ

thum bunkered_mag

コースでプレーするにあたって、足元が不愉快だとプレーに集中できませんよね。そのため、ゴルフシューズの手入れも欠かせません。雨の日にプレーを行うこともあるため、防水性の維持も重要です。ケアの仕方は、まず徹底的に乾燥させる必要があります。濡れている場合は、タオルなどで水分を拭き取った後に、シューズの内部に新聞紙などを入れて陰干しを行います。それだけで、シューズの防水機能により、防水性が維持されます。防水性が著しく損なわれてしまった場合は、防水スプレーを塗布する方法もあります。

グリップが緩んで来る前に手袋を交換

thum fligolf

グローブは、マメに交換するアイテムの一つと言えます。劣化したグローブを使用するとインパクトの瞬間にグリップ力が緩んでしまって弾道がスライス気味になることが多いです。交換時期の目安は、インパクトの瞬間に手元が滑る感じがしてきたときです。コースに出る予定があるのであれば、新品を購入し、慣らすために練習の際に一度使用するのがベストです。グローブには人工合皮と本革があります。無理して高価なグローブを購入するよりも、安価な人工合皮のグローブを購入し頻繁に交換する方が得策かもしれません。

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

レッド

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る