thum savgittingsxox

thum savgittingsxox

スコア80切りも夢じゃない!ゴルフ上達のための4つのポイント

スコア80切りを目指すには、コースマネジメントやクラブ選択などが重要になってきます。 ゴルフの基本事項の確認と、地道な練習など基本的なことを実践して、ハイスコアを目指してみましょう!

2017-02-20 00:00:00

リスクを減らす!コースマネジメントの重要性

thum arccosgolf

コースマネジメントとは、コースのレイアウトをあらかじめ頭に叩き込んで、その日の天候などのコンディション、ライの状態、自分の能力などを考えて、コースの戦略方法を考えることです。ショットのシチュエーションによって、マネージメントすることは変わってきます。
ティーショットのときには、OBなどのリスクを考えながら、コースレイアウトを思い出すことが重要です。グリーンへのショットは、ゲームの流れや自分のメンタル、コースコンディションなどについて考えます。アプローチショットは、ライの状態に気を配りながら、あと何ショットでパットに入れるかをイメージします。パットは、グリーンの傾きや芝の状態に集中して考察します。

微調整を効かせる!クラブ選びの重要性

thum Niekvanraaij

安定してスコアの80切りを実現するためには、クラブ選びも重要です。
クラブを選ぶときに、「プロが愛用」、「高性能」などのうたい文句に惹かれて購入してはいませんか?確かに高性能クラブは存在しますが、あくまでベストインパクトがあった時に最大限の威力を発揮します。安定したスイングができていれば、常に良いショットが打てるはずですが、アマチュアであるとそうはいきません。着実に技量を上げたいのであれば、シャフトの短いものをチョイスするのがオススメです。ヘッド容積も大きいもののほうが、多少インパクトがずれてもまっすぐ飛びます。球筋に癖のある人はヘッドに鉛をつけて調整する方法もあります。

グリーンオンにこだわる正確なショットの重要性

thum Jorgelisbonguy

ゴルフは、飛距離を競いあう競技ではなく、いかに少ない打数でラウンドするかが試される競技です。よって、安定して80切りを目指すのであれば、正確なショットがとても重要です。
特に正確さが求められるのが、グリーンへのアプローチです。可能であれば、ピンそばに寄せておきたいものです。グリーンの端にオンしてしまった場合は、ルールやマナー上はアイアンを使っても問題ありませんが、グリーンを傷つけてはいけないので、なかなかアイアンを使用する勇気が出ないものです。すると、とんでもないロングパットとなってしまいます。なかなかパットインできずに、グリーンを何度も行ったり来たりするのは避けたいものです。

1mのパットの重要性

thum Itzmauritius

ピンそば1mに寄せた場合、確実に入れたいものです。当然周囲の人は、カップインするものだと思って見ています。その分、打つ側の立場はプレッシャーが大きくなります。しかし、そのプレッシャーに耐えうるだけのメンタルの強さがゴルフには必要です。たった1mのパットを外してしまうと、自分のメンタルの状態も悪くなり、次のティーショットで動揺が出てしまうかもしれません。このプレッシャーとの戦いは、練習量がものをいいます。打ちっぱなし練習場でも、パット練習コーナーがあるところが多いので、頻繁に練習を積んでおくのがオススメです。

スコア80切りのポイントについて
もっと詳しく知りたい方はゴルフレッスンへ!
レッスン検索はこちら!

▼ golfplusレッスン検索サイト
http://golf-plus.jp/lessons/

▼ この記事を読んだ人は、以下の記事も読んでいます!

1.「ゴルフが上達しない人に共通する4つの原因」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1023/

2.「どこが違うの?プロゴルファーと素人のスイングの差とは」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1028/

3.「ゴルフスコア100を切れない4つの原因」
http://golf-plus.jp/articles/detail/1029/

thum
記事一覧へ

この記事を書いた人

レッド

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

最近ゴルフを初めた社会人です。ゴルフをやっていく中で役に立つ知識や、練習していて思ったことをまとめていきたいと思います!

All contents © copyright 2015 Golf Plus All rights reserved.

ページトップへ戻る